三波春夫

お客様は神様・・・

これまで当たり前だった価値観が

塗り替えられる・・・!?不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

お客様は神様!?

「お客様は神様」と言う言葉が生まれたのは

歌手の三波春夫さんがステージで提唱したことがきっかけです。

 

わかりやすく、印象的なフレーズは

瞬く間に世間一般にまで広がりました。

 

しかし問題だったのは、

「お客様は神様です」という言葉が

過剰サービスを要求するモンスタークレーマーを産んだこと

さらにそのようなサービスを強いる企業も付随して産まれて

 

「店員はお客様より下である」

とするような風潮が産まれてしまったのです。

 

日本では度々、

ブラック企業などが問題となりますね。

過剰サービスを強いる風潮がいよいよ崩れ去る

かもしれない時流が来るかもしれません

 

ちなみに

実は三波春夫さんの提唱した「お客様は神様」という

フレーズの真意は決して

「お客さんが絶対」というようなものではなく

そもそもは歌手とステージを見るに来るお客さんに対する

三波春夫さんの独自の捉え方でしかないのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

過剰サービス取りやめか

サービス

<出典:http://www.akb48matomemory.com/archives/1069792486.html>

 

日本でも「お客様は神様」神話が崩れてきている!?

 

・低賃金を理由に佐川急便のAmazonからの撤退

 

・とあるスーパーのクレームに

「そんなこと言うならもう来なくていい」発言

 

・恵方巻の廃棄に異を唱え昨年の実績分しか今後は売らない宣言等

 

お客様本位からだんだんとお店側の意識も変わりはじめています

 

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

SNSの拡散も影響している!?

買い物

 

SNSでは店員とお客さんのトラブルで

「晒す」行為が行われ一方的にやられる店員側。

 

コンビニでトイレの使用を禁止したら大勢の輩に乗り込まれ

民事不介入を盾にやりたい放題やられた事件など。

 

店員が笑っているだけでクレームがでたなんてことも過去にありました

 

店員側も時給数百円で働いていたり、

それなのにたかだか数百円の買い物をしに来るお客さんに

どうしてアレコレ手解きしてサービスしなくてはならないのか!

 

そういった声は高まり支持されるように。

 

かつての拝金主義的な思想に

お金を払う方が絶対上!!

から

マナーのなっていないお客さんはいらない!!

という風潮になるかもしれません。

 

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

みんなの声

お互い、人間です
別段、持ち上げたり下げたりする必要はないな

下っ端バイトにきつい過剰サービスさせるだけで、その分の賃金くれね~からバイトが来なくなるのよ

サービスには対価を払うのが当然
コンビニ客なんてモノの値段しか払ってもらってないんだからモノ以外は提供しない方がいい
欲しいなら相応の金を払え。

 

 

過剰サービスなんて普通はありえないですよね

要求するならチップでも寄越さないと割りに合わない!

偉そうにするお客さんも駆逐されて欲しいです・・・

 

おすすめの記事