コロナ禍の中で…森末慎二の宮古島の店が閉店…

森末慎二…宮古島の店「閉める」…島民から「こっちに来るなら島の人を殺す気だね」と言われてしまい…。

ロサンゼルス五輪の体操元金メダリストでタレントの森末慎二が8月7日、「直撃LIVE グッディ!」に出演。

宮古島で共同経営していた天丼専門店「みゃ~く商店」を、新型コロナウイルスの影響で「いったん閉めることにした」と明かしました。

今後は、観光客をターゲットにした宮古島名産の車エビの天丼だけでなく、

地元の人にも来てもらえるよう、沖縄そばなどほかの料理も出す居酒屋のような形態に変えるつもりだということです。

コロナ禍で経営難…

例年なら、観光客が多数訪れ、稼ぎ時となるゴールデンウィークや夏休みシーズン。

しかし、緊急事態宣言明けの5月上旬に店を再開したのですが、それも5月いっぱいまででした。

コロナの影響で「経営がやばくなった」ため、店を閉めていたのです。

「(夏休みに合わせ、店を)あけようかな、と思ってたんですけど、とうとう(宮古島でも感染者が)出てしまった…ということで、お店は閉めっぱなしで」と説明。

「だから、いったん(お店を)閉めようと思いまして。閉店という形に」と天丼店を一度、閉店。

再出発を図ることにしたと明かしました。

↓コロナ前の動画です。

島の人を殺すのか?と言われ…

店の立ち上げには数人が共同で1500万円を出資していたということです。

宮古島には重症者のリスクが高い高齢者が多いのも事実。

森末は6月30日に宮古島から東京に戻ったsoudesu.

その際、住民から

「(東京に)帰ったら、こっち(宮古島)に来ないでね」
「東京に帰ったら自殺しに帰るんだね。向こうからこっちに来るということは、島の人を殺す気だね。殺人だよ」

と言われたことも明かしました。

島民に配慮

再び、宮古島に戻るときには島民に心配をかけないよう、PCR検査を受け、陰性と判明してから戻ったということです。

森末は10年前、大好きな沖縄でセカンドライフを過ごすため、宮古島に約200坪の土地を購入。

5000万円をかけ、白亜の2階建ての家(約200平方メートル)を建てました。

2年ほど前に車エビ専門店をオープンしたのです。

ネットの声

「この島民の言い方はいかがなものかと思うが、これが本音なんでしょうね。地方の、さらに高齢者になればなるほどムラ意識は強く排他的な気がします。」

「きつい発言だが、実際に高齢者は亡くなるリスクが高いから、背に腹は抱えられないんだと思う。」

「酷いこと言うなぁと思ったけど、ジジババが多くて医療施設の整ってない沖縄の島だと、あながち間違っていないのかもしれない。」

 

おすすめの記事