×

やす子は自衛隊出身のお笑いピン芸人!予備役なので有事の際は招集されるかも??

やす子は自衛隊出身のお笑いピン芸人!予備役なので有事の際は招集されるかも??

登場時からずっと気になっているというか推しています。

素朴な感じと性格の良さが滲み出ている雰囲気が気に入っています。

しかし、自衛隊員ならもっと細身じゃないとな…

ぽっちゃり体型のところが良いところでもあるんですが。

口癖というか芸風の「はい~」もいいですよね。

そんなピン芸人のやすこをご紹介します。

いまいちあけ抜けなないので…

どっかんどっかん笑いを取るような芸風ではないので、

好みがわかれるところが辛いところかも。

しかし、性格が良いので「嫌い」という人は少ないでしょう。

デビュー当時は物珍しさからテレビによく出ていた印象ですが、最近はテレビで見ることも少なくなったかも。

それでも、心配はご無用です。

今はYouTubeがありますからね。

やすこも他の芸人と同じように自身のYouTubeちゃんねるを持っています。

ちゃんねる登録者は9.93万人(2023年12月15日現在)。

まあまあの数ですね。

動画も615本あげています。

定期的にちゃんねるに訪れて活動をチェックしてますよ。

チャンネル名が『やす子の生存報告記』というのも泣けます。

↓こんな感じです。

ずっと聞いてるとジワッとくるんですよね。

そんなやすこのプロフィールをご紹介します。

やすこのプロフィール

生年月日:1998年9月2日

出身地:山口県宇部市

高校時代は柔道部に所属していたそうです。

体型だけで判断してはいけませんが、なるほどねと思ってしまいます。

そして、高校卒業後に陸上自衛隊に入隊。

施設課に配属。

ここではドーザ手(ブルドーザーオペレータ)として勤務。

またまた、納得の配属といえるかも…。

そのため、大型特殊免許を保持していますよ。

2年間勤務の後に除隊。

清掃員や中学校の用務員として働いた後に、自衛官時代の友人の誘いでお笑いを始めます。

最初の頃はその油ジンとコンビを組んでいます。

そのコンビでソニー・ミュージックアーティスツに所属となりました。

しかし、ライブ当日に相方がドタキャン…。

急遽、ピンでお笑いを行います。

そこからはずっとピン芸人として現在に至る…。

ざっとこんな感じです。

芸分は自衛隊勤務を活かした自衛隊ネタが多いのですが、

自衛隊出身の女性ピン芸人という特殊性で最初の頃は物珍しさもあって、

テレビにちょくちょく出ていました。

しかし、芸風に爆発力がないので伸び悩んでいるのが現状ですね。

それでも、憎めないキャラクターと性格の良さで消えずにしっかりと残っていますよ。

即応予備自衛官として

お笑い芸人として活動している現在も、というよりも除隊後からずっと身分は即応予備自衛官です。

そのため、芸人の仕事の合間に自衛官の仕事も行っているとのこと。

現在も月に1回訓練に行っているそうですよ。

自衛隊ネタで生きていく??

自衛隊ネタが受けすぎたのか、それしか特徴がない印象です。

本人は、自身のチャンネルで歌も披露していますが、

自衛隊ネタから抜け出せていません。

というよりも普段のユニフォームが迷彩服なので、

本人は自衛隊ネタでこれからも生きていくのでしょうね。

自衛隊ネタでは、「5段階匍匐(ほふく)前進」が面白いです。

デビュー当時の鉄板ネタなのですが、これを超えるネタができていないのが辛いところかも。

他には、「このシルエットなんでshow?」なんかがいいですね。

様々なシルエットが書かれたフリップをめくっていって、それに応じたポーズをとるという芸なんです。

そのポーズがやっぱり自衛官もので…。

やっぱりやす子のどこをとっても自衛官縛りから抜け出せないのかも。

髪型は常に七三分けです。

迷彩服と同様で、やす子のトレードマークになってますよ。

とにかくぽっちゃり体型で迷彩服が特徴的なやす子ですが、

若いときの写真、今でも十分若いのですが、

そのときの写真が髪が長くてほっそりしたキレカワな女の子なんですよ。

だから、磨けばすごい美人になるかも。

とはいっても、今のままの芸風でブレイクしてほしいですけどね。

ちょくちょくチェックしている『やす子の生存報告記』なのですが、

最新の投稿が2ヵ月前なんです。

年末で忙しいから更新ができないと思いたい。

というか若手芸人にとっては年末年始は大忙しでしょうからね。

ということは、年末年始はやす子をテレビで見る機会が増えるかも!!

若手芸人推しの人にはそんな楽しみもありますね。

とにかく性格がいいんです。

顔の丸い人に悪人はいない…これですね。

ピュアなので厳しい芸能界で人を押しのけて成長していくのは難しいと思いますが、

現在の立ち位置で食べていければよいのでは。

ちなみにやす子がテレビに出ていたのは2021年。

2021年がテレビ出演のピークなのかも。

2022年と2023年はテレビ出演が激減しています。

それでも、年末年始はかき入れ時なので、テレビに出演する機会が増えるかもしれません。

陰ながらというかずっと応援したい女性ピン芸人ですよ。

ネットの声

「好き嫌いを抜きにフラットに判断してもやす子は芸人としては面白くないから尚更先行き不透明でしょ。しゃべりも達者とはいえずトークで生き残る道もないわけで、今しかないんだと思う。」

「テレビで自分がこれからどこに行くのか、なにをするのか分からないけど仕事に行く。海外から帰ってきて成田からそのまま収録に行くとか話してて、大丈夫かな?と思います。
体力があったとしてもメンタルはついていかないかもね。仕事断ったら次が無いとでも言われてるのかな」

「錦鯉の長谷川さんだって休んでないんだから、長谷川さんの様に、少し休みをセーブしつつ、なんとか乗り切ってほしい。多分、今は元自衛官というのが珍しく取り扱ってもらえていると思い、いずれあきがきて一発芸人と同じ感じになりそう・・稼げる時ってほんの少しだけと思う。」

You May Have Missed