×

【世界一退屈な携帯発売!】スマホ生活に疲れた人へ

【世界一退屈な携帯発売!】スマホ生活に疲れた人へ

ビール会社が作った「世界一退屈なケータイ」って? 

話題の『The Boring Phone』で感じた“リアルへの回帰”

スマートフォンの進化は日進月歩で、最近ではAI機能を搭載したモデルも増えています。

いまやスマートフォンさえあれば本格的な写真撮影も可能で、美しい作品をSNSですぐにシェアすることもできます。

ところが誰もが高性能なスマートフォンを使う中で、ハイネケンから突如、「世界一退屈」という携帯電話が発表された。いったいどんな携帯電話なのでしょうか。

ハイネケンから世界一退屈な携帯電話が発表

『The Boring Phone』はビール製造大手のハイネケンと、ファッションブランドのボディガのコラボで生まれた携帯電話。

半透明なボディーは折り畳み式で、外側には小型のディスプレイを備えるがそこに表示されているのは緑色のハイネケンのビール瓶。

ここには時刻を表示することもできるのですが、あえてイラストを表示したほうがレトロで新鮮な感覚でしょう。

ボディーを通して見える携帯電話の基板は一般的な緑色ですが、ハイネケンのカラーと相まっているのは偶然でしょうか。

本体を開くと2.8インチのディスプレイが現れます。

こちらもカラー表示が可能だがメニューなどは緑をベースにしたモノクロ表示です。

カラー写真を表示することができますが、この画面サイズではぼやけた感じにしか見えないでしょう。

なお、背面にカメラはあるが、画質は30万画素しかありません。

ディスプレイはタッチ操作には対応していないので、すべての操作は数字キーを使って行います。

ボタン類は最小限であり大したことはできません。

もちろんアプリを後から入れることにも対応していません。

買ってきたらそのまま使う、無い機能は使わない、至ってシンプルな製品なのです。

メニューはいたってシンプル。

電話、電話帳、ショートメッセージと携帯電話の最小機能は搭載されています。

他はカメラやギャラリーがありますが、写真は30万画素にもかかわらず10枚しか保存できません。

とはいえ低画質なカメラで撮影した画像には、今のスマートフォンにはないアナログのような味わいを感じることができるでしょう。

最近では昔のコンデジをわざわざ購入したり、古いスマートフォンを2台目に使う人が増えているそうです。

最新のスマートフォンでは撮れない「エモい」写真を撮ることができる点が人気の理由。

The Boring Phoneのカメラでもそんな写真が撮れるのです。

しかも10枚しか保存できないので、むやみに撮影するのではなく本当に気に入ったシーンの撮影に集中できます。

気になるメニューは?

メニューを見ると「スポーツチェック」と「タクシー呼び出し」というアプリもあります。

この2つがあるだけでもスマートフォンの代わりになるかもしれません。

しかしアプリを起動してみるとその機能に驚いてしまいます。

スポーツチェックは贔屓のチームの登録もできませんし、タクシーアプリはUberなどのアカウントも登録できないのです。

試しにスポーツチェックを起動すると、画面には「自分の好きなチームは、きっとうまくやっているよ」と表示されるだけ。

バーでお酒を飲みながら友人たちと楽しんでいる時間に、こっそりサッカーチームの試合経過を確認するなんてことはしなくてもいいじゃないか、ということなのです。

タクシーアプリも同様で、タクシーを呼び出す機能はありません。

「タクシーを呼んでもらえばいい」そんな文字が表示されるだけです。

スマホ漬け生活に嫌気がさした人の救世主となる?

前述した通り、最新のスマートフォンはそれ1台で何でもできる、完成された製品でし。

何かやりたいことがあれば、スマートフォンを使えば何でもサポートしてくれるでしょう。

しかしその反面、目の前にいる人とのコミュニケーションが希薄になることはないでしょうか。

楽しく話が盛り上がっている中でSNSの通知を見たり、あるいは食事中に写真を撮ってすぐにシェアする、そうやって気が付けばスマートフォンを中心にした生活を過ごしてしまっていないでしょうか。

シンプルで簡単な機能しかない携帯電話は、スマートフォンに奪われた時間を日常生活から取り戻してくれます。

身の回りにいる家族や友人、恋人と有意義な時間を過ごすことが可能になるのです。

『The Boring Phone』は限定5,000台の発売ですが、発表直後から大きな反響を受けているそう。

それだけ「スマホ生活」に疲れた人も多いのでしょう。

スマートフォンを通してあらゆる人とモノが24時間つながりっぱなしのいま、時間を一時的に止めることのできるアナログ感覚のデジタル製品が人気になるのもうなずけるような気がします。

ネットの声

「仕事上絶対にスマホは必要なんだけど、プライベートでも気づけばスマホをいじってるという状況は自分でも異常に思うし、みたい映画や読みたい本にも腰が重くなった。デジタルデトックスしたいという気持ちが常にある。」

「ある用途、ある状況によってはスマホほど不便なものはない。
ケータイとスマホは役割が異なっているので、ガラケーはガラケーとしての発展を続けてほしい。
画面を見なくても通話までの操作が可能という簡便さ、タフさ、高充電、高寿命といった点は、とりわけ特定の職業人にとってなくてはならないツールだし。」

「スマホの初期状態に多数のアプリが入っていても、結局使わない物がほとんど。余計な機能はいらない、という高齢者の方も多いし、こういうシンプルな携帯は需要あるんじゃないかな。」

 

You May Have Missed