梅雨 不眠

梅雨の時期はジメジメして蒸し暑いですよね。

実は、梅雨は気候から元々不眠になりやすい時期。

不眠になりやすいその理由とは!?

 

[media groove]

 

梅雨は元々自律神経が乱れやすい時期

一年の中でも雨の多い6月の梅雨の時期。

春から蒸し暑い夏の間の気圧や湿度の変化が多い季節は

体のだるさや頭痛を感じることもあります。

そして、蒸し暑さによる不眠を感じる方もいるはず。

その症状の原因は、「気象病」かもしれません。

気象病は天候による体調変化や古傷の悪化等が

起きることを称して使われています。

気象病が起きる原因は、湿度・温度変化による

自律神経の乱れや血流の悪循環が原因といわれています。

気象病は主に20〜30代の若い女性に多いそうです。

梅雨の時期は梅雨前線の移動等による気圧の変化が

増える為、自律神経が乱れやすい傾向にあります。

また、梅雨明けに台風も多く発生する為、

気候が変化しやすい時期と言えます。

 

<出典:tenki.jp>

梅雨の時期は自律神経の乱れが発生しやすい為、

自律神経のバランスを整えるために、

まずは起床後に太陽の光を浴びて、

光を使って体内時計の調整が取り組みやすい対策です。

生活リズムのを整えることがストレスの軽減となり、

結果的に自律神経の乱れを改善させ、

最終的に、質の良い睡眠を取ることにつながります。

入浴や運動なども自律神経を整えるのに効果的です。

天気の優れない梅雨の時期は健やかな生活を送りましょう。

 

[media groove]

 

梅雨の時期はヒスタミンが増える!?

梅雨の低気圧は、体内でヒスタミンという物質の分泌を

増加させるといわれています。

ヒスタミンは痛みや痒さの元となる物質です。

ヒスタミンの増加は、頭痛や肩こり等の不調に繋がります。

その為、梅雨はストレスを感じやすくなります。

また、梅雨は低気圧で空気中の酸素濃度が低くなりがちで

結果として昼間から副交感神経が優位になってしまい、

夜に交感神経が活発になり、昼夜が逆転しやすいそうです。

昼夜の逆転は当然、免疫力の低下につながります。

従って、梅雨に発生しやすい食中毒菌等も撃退できず、

症状が重症化してしまうこともあるそう。

その為、梅雨の時期は睡眠時間の確保が重要です。

 

<出典:うちごはん>

不眠症の改善には、食べ物のコントロールが効果的です。

特に18:00以降に食べる物に注意しましょう。

砂糖などの糖質から脳にブドウ糖を供給すると、

就寝時にも目が冴えてしまうので、

チョコやお菓子などの量も多く取らないようにし、

アルコール飲料も控えましょう。

胃の中に残留物があると交感神経が刺激されるので

21:00以降の食事はガッツリ夕食は避け、

軽めに豆腐など消化に良いものを食べましょう。

不眠に効果があるとされる食べ物は、

牛乳、チーズ、大豆、豚肉、レタス等。

シチューなどでバランスよく摂取するのが大切です。

また、スマホなどの光は目を刺激する為、不眠で悩む人は、

22:00以降は控えるのも効果的だそうです。

意識して食事や生活リズムを整えることが大切です。

 

[media groove]

 

晴れの日が少ない梅雨は気分も体調も不調になりがち。

元々、気候の変化で自律神経が乱れやすい時期なので、

生活習慣や食事にも気を付けることで、上手く梅雨を乗り切れるかもしれませんね。

関連キーワード
役立ち, 驚き】の最新記事
  • ファーウェイ
    ファーウェイの中に「余計なもの」日本政府が機関での製品仕様を禁止!!!!
  • Koki,
    キムタクの娘、Koki,のブルガリ就任に批判殺到!?不買宣言する人まで・・・
  • みやぞん
    みやぞん、『24時間テレビ』でのトライアスロンが過酷過ぎて批判殺到「中止しろ」の声
  • 行方不明
    【速報】行方不明になっていた理稀くん、ボランティアによって無事発見!!
  • Kōki
    木村拓哉の娘、Kōkiが世界最年少でブルガリに起用される快挙!!
  • 渋谷交差点
    【最新】最近のナンパが進化している件。
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。