梅雨 水毒

連日雨が続く梅雨の時期。

実は体調不良の原因は体の中の水分量の増加だった。

その体のだるさは水毒かもしれません。

 

[media groove]

 

体調不良の原因は湿度の高さから!

雨が続く梅雨は体のだるさを覚える人が少なくないそう。

頭の重さやめまいの原因と言われているのは、

大気中の湿度の高さです。

体外に水分が適切に排出されないで

余分な水分が体内に溜まってしまうことが

梅雨のだるさを引き起こす要因なんだとか。

 

<出典:カラダmag>

そんな余分な水分が体内に溜まることを

東洋医学の考え方で「水毒」と読んでいます。

水毒は余分な水が溜まることで代謝機能の低下や

血流の循環を悪くさせる等、無視できない影響あります。

 

[media groove]

 

水のがぶ飲みがNG!適量の摂取が重要

水毒の問題は“排出”です。

体内に溜まった水分を排出できないまま水を飲み続けると、

体内に水分が溜まり、水毒の症状を引き起こします。

梅雨の時期は空気の湿度が70%前後の湿度になり、

気温が高くなるけれども、汗をかきにくい時期になります。

汗がかけない為、摂り過ぎた水分が皮膚から排泄されず、

水を体内に溜め込んでしまう人が多いそう。

その為、1番のNG行為は水のがぶ飲みです。

一日の水分摂取量は1,5~2リットルといわれています。

ポイントは一度にガブ飲みするのではなく、

コップ1杯程の量をこまめに飲むことです。

体内に水がたまると代謝も悪くなり、排泄機能も低下して、

体も冷えてしまう為、さらに代謝機能が落ちてしまいます。

<出典:湯乃泉健康センター>

対策は半身浴やサウナ等に行き、しっかりと汗を流すこと。

運動も大切で、筋力アップしてリンパの流れを良くして、

代謝の低下を防ぎましょう。

食事面では、水分を排出するのに効果的な

利尿作用と発汗作用のあるものを食べると効果的です。

利尿作用のある食材としては、緑茶、コーヒー、キュウリ等

腎臓の働きを助けるカリウムを多く含み、

水分調整できます。夏野菜はカリウムを含むものも多いです。

発汗作用のある食材としては、ショウガ、人参、唐辛子等

体温の上昇と食欲増進作用があり、夏バテ予防に最適です。

体内の余分な水分を適切に排出すると、

リンパ液の循環が改善され、老廃物が溜まりにくくなる為、

代謝が上がり健康的な体をキープできます。

適切な運動と食事で梅雨の時期を乗り越えましょう!

 

[media groove]

 

雨が多くなる梅雨はなかなか外出が億劫になりますが、

汗をかいて健康管理に気を付ける必要がありそうです。

体調不良を感じたら、ジムやサウナにいって汗をかく時間も大切かもしれません。

関連キーワード
健康, 驚き】の最新記事
  • キヌア ダイエット
    美容と健康維持に効果抜群!栄養満点で話題のキヌアとは!?
  • 梅雨 水毒
    そのだるさ水毒かもよ?梅雨のだるさは水分量だった!
  • 便秘もすぐに解消!効果抜群おすすめ便秘用サプリランキング
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。