『【2019年版】成人祝いでプレゼントするならコレ!相場はいくら?』。   それでは、早速本題へ入っていきましょう!     【2019年版】成人祝いでプレゼントするならコレ!   ◆名刺入れ 社会人になると誰もが持っている名刺入れですが、最近の学生のうちから名刺を持っている方が多いようです。   社会人になれば相手とのコミュニケーションは名刺交換から始める場面が多くなってくるので、たとえ学生だったとしても成人になった頃から名刺入れを持っていれば、いざという時にも対応が出来るので困らなくて済みます。   まさに大人になるためのツールとして必需品だと言えます。   男女問わず名刺入れのプレゼントは人気ですし、就活の時にも役に立つ場面があるのでおすすめです!   ◆腕時計 成人して社会で働くようになると、時間の管理はとても大切になってきます。   時間を大切にして欲しいというメッセージも込めて、腕時計をプレゼントすると喜んで貰えるでしょう。   またブランド時計をプレゼントすると、大人になったという意識も湧いてくるでしょうし、それに長く使えるのでこれから社会で活躍される上では持っていて損はありません。   時計と一緒に立派な大人の階段を上っていく意味で、腕時計をプレゼントするのもいいのではないでしょうか!   ◆ハンカチ 成人すると大人としての自覚を持つことが大切なので、当然ながらエチケットも大切になってきます。   就職活動の時ではハンカチは必需品なので、成人祝いでプレゼントしておけば就活の時にわざわざ買わなくて済みます。   二十歳くらいであれば自分でも好きなブランド物の財布や服などを買う機会はあるかもしれませんが、あまりハンカチではブランド物を買う機会は少ないと思います。   なので、ブランド物のハンカチを成人祝いでプレゼントしたらきっと喜んで貰えることでしょう!   ◆万年筆、ボールペン スマホやタブレット、PCでのコミュニケーションが多くなったので、あまり字を書く場面が少なくなってはきましたが、やはり大人になれば手続きなどできちんと字を書くのに万年筆やボールペンは不可欠です。   学生のうちから持っていても就職活動の時に、履歴書や試験などで活躍します。   それに大切に使い続ければ、一生モノとしてずっと持っていられるので成人祝いでプレゼントするのもいいと思います!   ◆印鑑 地味なようにも思いますが、意外とあったら嬉しいアイテムだと言えます。   大人になれば色々な場面で使う機会が増えてきますし、一度しっかりとした印鑑を作っておけば、一生モノとしてずっと使い続けることが出来るので実用的です。   印鑑のケースにもこだわったり出来るので、成人祝いでプレゼントするのもアリだと思います!     成人祝いで贈るプレゼントの相場は?   成人祝いでの相場は、相手が自分にとってどんな立場の存在かによって変わってきます。   ●息子、娘  1万~5万円 ●兄弟    1万~3万円 ●孫     1万~10万円 ●甥、姪   1万~3万円 ●親戚    5千~2万円 ●友だち   5千~1万円   だいたい身内の相場だと1万円からが相場になっているようで、兄弟でも最低1万円なんですね。   やはり祖父母から孫に対しては、値段の幅が大きいことが分かります。   あくまでも目安として参考にして頂ければと思います。     まとめ   今回は、『【2019年版】成人祝いでプレゼントするならコレ!相場はいくら?』についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?   成人祝いで何も贈ったらいいのか悩んだり、また相場なんかも気になるかと思います。   ですが、相手が喜んで貰えることだけを考えるのではなく、大人として成長を促すきっかけにするようなプレゼントを贈るのもいいでしょう。   立派な大人になっていくための手助けになるようなプレゼントが、相手にとって喜んでもらえるプレゼントなのかなと思います。   それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。   最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。   Rui。]]>

Twitterでフォローしよう

pick up