『スーパーマリオ64』に脳を成長させ、記憶力などを高める効果があることが判明!!

スーパーマリオ64

懐かしのゲーム「スーパーマリオ64」。

なんとこのゲームは脳を成長させることが明らかになったそうです!!

詳しくはこちら。

 

 

スポンサーリンク

スーパーマリオ64が脳に良い?!

スーパーマリオ64

ニンテンドー64のソフト「スーパーマリオ64」。

皆さんもプレイしたことがあるのではないでしょうか。

懐かしのこのゲームですが、なんとカナダ・モントリオール大学の研究チームによると、暴力的なシューティングゲームは大脳辺縁系の「海馬」を萎縮させることが判明。

一方で『スーパーマリオ64』は「海馬」を成長させ、脳を活性化させることが判明したそうです!!

この衝撃的な研究結果は、学術誌『Molecular Psychiatry』で掲載される予定だそう。

 

実験の引用は下記のとおりです。

 

モントリオール大学の心理学者グレゴリー・ウェスト准教授とベロニケ・ボボット准教授は4年の月日を費やし、脳とテレビゲームとの関連性を研究。

実験では、普段ゲームをしない健康的な男女(18歳〜30歳)に特定のゲームを90時間プレイさせ、脳の記憶や空間学習能力に関わる器官「海馬」の変化を観察することに。

被験者は2つのグループに分けられ、一組目は『コールオブデューティ』や『キルゾーン』などのFPS(一人称シューティングゲーム)を、二組目は『スーパーマリオ64』などの3Dアクションゲームをプレイ。

それぞれ脳をスキャンしたところ、暴力的なFPSをプレイしたグループは明らかに海馬にある灰白質の容積が萎縮。マリオのグループは逆に成長していたのだ。

 

これは驚きの結果ですね!!一体何が脳によかったのでしょうか??

スポンサーリンク

ポイントはGPS機能!!

スーパーマリオ64

脳に良いポイントとしては、ゲームMAPに現れる”クエストマーカー”や”GPS機能”の存在が決めてだったそう。

3D空間でルートを探す必要がなければ、プレイヤーは空間把握をやめ、単に指示されたルート通りに進むだけになってしまうそう。

そのため「暴力的なFPSをプレイしている間、海馬の働きは低下。その状態が長時間続くと細胞が死に、海馬が減少していく」と両氏は結論づけていました。

海馬の減少は鬱病やアルツハイマーを進行させる可能性があるので、日頃からこのようなシューティングゲームを好むプレイヤーは気をつける必要があるそう。

一方『スーパーマリオ64』などのゲームは、環境や町並みを覚えてキャラクターをナビゲートする仕組みなため、海馬が活性化させられるといいます。その結果、記憶力や空間学習能力の向上につながるそう。

 

「マリオのような3Dゲームは、暴力的なゲームの遊び過ぎによって失われた海馬を成長させる”解毒剤”の役割を果たすことが出来るのではないか」とウェスト准教授は語っております。

ゲームばかりするな!とよく親に怒られた人も多いでしょう。

しかしモノによってはこんなに脳に良かったなんて驚きですね!

スポンサーリンク

ネットからの声

任天堂の回しもんかよ!wwww

なるほど、マーカーに頼るゲームばっかしてると
空間把握能力が欠けてくってことか

↑やべぇ・・Ubisoftのゲームどれも脳を腐らすようなシステムしか入ってない・・・

いやだああ!俺はCODで暴れるのが好きなんだあああ!!

『ダークソウル』すれば問題解決だな

たぶん俺、その海馬ってやつあったって使わねーからいらんw

記事読んできたが
クエストマーカーを削除するMODとか欲しくなるね

よかったらいいね・シェアお願いします!