建設費1000億円以上(1600億円といわれる)をかけて当初のプランを変更してまで、建設した新国立競技場。

オリンピックには何とか間に合いそうですが、オリンピック後までを織り込んだ建設計画ではなかったようです。

ザハ案の撤回によって失ったもの。

ザハ案はデザイン面をオリンピック組織委員会会長森喜朗氏が「牡蠣の殻」のようと批判してメディアも建設費2000億円を「税金の無駄遣い」と批判。

集中砲火を浴びて全面撤回しています。

ザハ案を撤回したことで違約金が100億円発生。

1000億円以内でできるといわれた、新計画は森喜朗氏と非常に親しい大成建設が受注。

結果的に建設費は1600億円となり、違約金100億円を加えた1700億円がかかったようです。

当初ザハ案は2000億円かかるといわれたので「300億円安くなって良かった」といえるのはオリンピックまで。

終わってからが大変です。

新国立競技場は維持費に人件費抜きで年間24億円と試算されています。

オリンピック後には年間24億円以上稼がなければいけないわけですね。

コンサート、サッカー、ラグビー、陸上あたりが利用方法として考えられますが

こういった公の施設は商業利用と一般利用で料金がまるで違います。

例えば、私たちが札幌ドームで野球をやりたければ一般利用で10万円でできますが

日本ハムファイターズが札幌ドームを試合で利用する場合は1000万円近く利用料が取られます。

儲かっているところからお金を取ることで施設を維持するのが日本の公共施設で

オリンピック後に運営するJSC(日本スポーツ振興センター)によるとザハ案が撤回される前の2013年のインタビューで

現在の1日利用料はイベント形態によって異なり、客席をメーンスタンドのみ使用する自治体などのスポーツ大会は50~100万円。入場料の10%と広告掲出料の支払いが派生する陸上の日本選手権などは300~400万円。同様にサッカーJリーグは1000~1500万円。コンサートは実演日が3150万円。

と述べていました。

ザハ案では開閉式屋根で、雨対策とコンサートの騒音対策が出来ることと、席が稼働することでサッカー・ラグビーを球技専用スタジアムのように近くで見ることが出来る計画。

つまり、料金が高いコンサートとサッカーの両輪で稼ぐはずだったんですね。

しかし、建設費をケチって可動席と開閉式屋根を諦めた結果

コンサートでは陸上トラック部分がないと会場設営がしにくく芝が痛むし、屋根も無く大きな音も出せない。

サッカー・ラグビーで使うには遠くて見にくい。

という状態となりました。

サッカーとコンサートという太客にとって魅力がなくなったわけですね。

議論となっている五輪後の球技専用化

現在、オリンピック後には陸上トラック部分を撤去して、6万8000収容から1万2000席固定席を増やした8万人収容にするという計画が見直されています。

民間事業者へのヒアリングで、芝にステージを置くと、芝が傷んでメンテナンスに多額の費用がかかり、収益の柱と見込むコンサートを実施しにくくなることが判明。こうしたことからトラックを残した方が改修費がかからず、コンサートも多く呼べて収益が上がる 産経新聞

コンサートで8万人を呼べるアーティストは少なく、トラック部分を残しておいた方が会場としては使い勝手が良いわけですね。

ただ、屋根付きの東京ドームもあり、屋内競技で使う有明アリーナもコンサート会場としてオリンピック後に利用される予定。

球技専用化計画を辞めたところで、使用回数が増えるのか?という疑問もあります。

この計画変更によって、被害が出るのはサッカーです。

実は東京にサッカースタジアムはなく、JリーグのFC東京は23区外の調布の味の素スタジアムを本拠地としていますが、ここも陸上競技場です。

それでも平均3万人の動員を誇ります。

新国立競技場の立地で球技専用スタジアムならFC東京は観客動員は平均5万人以上が見込めますが、ホームスタジアム移転は球技専用化しないなら不可能でしょう。

また、6万3000人収容の球技専用スタジアムであるさいたまスタジアム、7万2000人の陸上競技場である日産スタジアムで主に現在はサッカー日本代表の試合が行われますが、新国立競技場が球技専用化すれば、大半の試合を行うことになるでしょう。

しかし、新国立競技場が6万8000人の陸上競技場のままでは使う理由がありません。

日本サッカー協会はサッカー・球技専用スタジアムに代表戦を限定する計画を明かしています。

「球技専用化しなければ、使用しませんよ」という明確なメッセージですね。

というわけでコンサート会場として、多少利便性が上がってでサッカースタジアムとしては価値が無くなるこの計画変更。

得をするのは陸上界だけのように見えますがそうでもないです。

日本では陸上競技に2万人以上の観客が集まることはほとんどなく、東京都に陸上競技場はすでに47件あり、巨大で使用料も高い新国立は、陸上競技にはあまり使えないでしょう。

ラグビー場は新秩父宮ラグビー場が建設予定で使用料が高い新国立競技場にはどちらにしてもラグビー界にはあまり用はありません。

というわけで

この計画変更はサッカーにしか元々メリットが無かった球技専用化にかかるコストと儲かる使用料の問題のようです。

サッカー場は東京には北区西が丘に7000人収容が一つあるだけで明らかに少ないです。

2002年、日韓ワールドカップの際に陸上連盟のごり押しで全国に大規模な陸上競技場ができましたが

東京との味の素スタジアムを含めた全国の大規模陸上競技場はJリーグとサッカーくじtotoを中心に維持費を賄っており

サッカーは日本スポーツ界に便利に利用され続けています。

ネットの声

古い日産スタジアムが72000だからショボいよなデザインはもっと古くさいし 

巨大陸上競技場が既に東京横浜に2つもあって陸上競技では全く活用してないのに更に陸上競技場を欲しがる陸連の神経が理解できない

東京ドームをコンサート会場にして新国立競技場は巨人の野球場にすれば?

個人的には陸上競技場を球技専用化してもトラック部分の席しか近くならないので、どっちにしても見にくいですから、もう遅いです。

飛行機のように前席にモニターをつけるとか、VRヘッドセットを各席に用意してスタジアム360度リアルタイム配信するとか画期的な解決策を期待しています。

おすすめの記事