素肌にダウンジャケット?驚きの重ね着テクニックを紹介。

寒い季節になってきました。

この時期になると重ね着をしている方も多いと思いますが、重ね着をすることで逆に寒くなっていたり間違った重ね着をしている人もいます。

そこで、効果的に暖かくなるための重ね着のテクニックを紹介します。

重ね着であったかくなる方法は空気の層を作ること

下着は綿製の下着を着ないでヒートテックを着ることが効果的です。

体に汗などがついたまま、濡れたものを着ていると、気化熱で体温を奪われるという化学的な理由があって長年親しまれていた綿製の下着は夏には汗を吸って気化熱で体温を奪うので涼しくなります。

そのため素肌にyシャツよりも綿製の下着の上にyシャツを着た方が夏は涼しいわけです。

同じ理由で冬に綿製の下着を着るのは逆効果となります。

綿は保水する素材なので、体温を奪われやすいですから、ヒートテックなど機能性肌着の活用が効果的で、世界最高峰の機能性下着はミズノ製のブレスサーモです。

また、アウターの選び方は肌と外気の間に空気の層を作ることができるものです。
冬は外気が体温よりもかなり低くなるため、空気と外気が触れると体温が奪われます。
そのため、家に断熱材を入れるのと同じ理由で空気の層を作ることが効果的な重ね着のテクニックとなるわけですね。
どれだけ厚着をしていても空気がどこからか入ってくるような重ね着をしていては効果はありません。
インナーには、汗を吸って発熱させるのが効果的。
アウターには、外気を遮断して空気の層を作るのが効果的です。

意外な重ね着テクニック 素肌にダウンジャケット?

インナーには、汗を吸って発熱させるのが効果的。
アウターには、外気を遮断して空気の層を作るのが効果的という原則に当てはめて考えるとダウンジャケットは1枚ですべての要素を満たしています。
インナーとしては防水効果があり、発熱させるわけではないですが綿製品のように気化熱が体温を奪うこともないので、汗をかかないのであればヒートテックをわざわざ着なくても大丈夫です。
羽毛が空気の層を作ってさらに防水効果がある素材で外気を遮断するので、素肌にダウンジャケット1枚で十分暖かいというのです。
そして、   寒さ対策のために、とついついセーターなどを着込んでしまう人もいるが、ダウンジャケットの場合、服の中が体温であたたまると羽毛が膨らみ、より効率的にあたたかい空気をためやすくなる。このため、熱源となる肌に近いところでダウンを着る方が暖を取りやすいという理由で重ね着を何枚かして一番上にダウンジャケットを着るのは逆効果となってしまいます。
ただし、素肌にダウンジャケットだと暑いと感じた時に一枚脱ぐという事ができないですし、それでも寒い場合もありますから、総合的に考えるとヒートテックをインナーに着て、ダウンジャケットを着ると機能的には最も簡単に暖かい重ね着となりますね。
重ね着をするよりも局所的に場所を温めることが有効な場合もあります。

首、手首、足首という、体の中の「首」と名前がつく場所をおさえると、体があたたまりやすくなります。

そのあたりの皮膚には大きな動脈が通っているため、冷たい外気があたれば寒く感じやすく、また、あたためてあげることで、血行がよくなり、あたたかさを実感できます。

例えば、首元はマフラーやタートルネックで守ったりと、外気が隙間から入り込まないように工夫するだけでダウンジャケットに機能性下着だけという格好の暖かさはかなり増すことになります。

ダウンと一口に言っても、中に着込むインナーダウン、雨をしのげるダウン、7000m~8000mの高山で強い風が吹く環境で着るダウンなど様々なものがあり、一概に薄手の服・素肌の上に着ればいい、ということではありません。外部環境に合わせて、望ましい機能が発揮できる商品を選ぶのが大事ですね。

根本的に「重ね着しすぎかも?」と思ったら、ちょっとやめておくのも得策です。歩いているうちに体が温まるということが、よくあるからです。

不安な時は、寒くなったら1枚増やせるように、マフラーやカーディガンをバッグに携帯しておくのもおすすめです。

ネットの声

「ダウンジャケット着るときは中にたくさん着込むより素肌に直で着るほうが暖かいと聞いて目鱗だった」
「Tシャツの上にダウン着てる野郎、バカにしてたわ 正直スマンかった」
「素肌ダウンとか斬新だな」

「直接着るとか無理」
「ダウンを素肌のすぐ上に着るって、室内入って脱いだら逆に寒いじゃん」

ダウンジャケットを素肌に着るのは防寒対策としては効果的でも、脱げないですし変態だと思われそうで気が引けますね。

その意味では機能性下着にダウンジャケットというのはかなり現実的で防寒対策にもなるし手軽に始められるファッションです。

機能性下着もブレスサーモのような機能性を追求したものであれば、それだけでかなり暖かくて北海道でも冬は短パンの下にブレスサーモを着て通勤している人もいました。

 

おすすめの記事