NHKネット受信料を新設!ついにテレビのない世帯も対象に・・・

度々問題に上がっているNHKの受信料

今までは受信料の支払い対象は、テレビ所有者のみでした。

それがついに、テレビがない世帯も受信料の支払い対象になってしまうようです。


スポンサーリンク

テレビがない世帯にも「ネット受信料」を新設!?

テレビのある世帯

現在、NHKの受信料というものは地上放送に対して支払いが発生しているため、必然的にテレビ所有者のみが対象でした。

それが、今回毎日新聞が発表した内容によれば、NHKはテレビのない世帯に対しても「ネット受信料」の新設を検討しているとのこと。

 

「ネット受信料って何!?」

「それってネット環境ある人全員が対象!?」

「地上放送に対して既に受信料を支払っている人はどうなるの!?」

 

と色々な疑問が出てきたので、調べてみました。

 

「ネット受信料」の対象はネット同時配信契約者

スマホ

NHKは、以前より2019年から総合テレビとEテレの放送をインターネットで常時同時配信する」という方針を発表しています。

 

現状、放送法はインターネットで常時同時配信することを承認していません。

そのため、2019年からの実現に向けて、NHKの検討委員会は現在様々な案をまとめているわけですね。

 

今回新設を検討している「ネット受信料」というのは、つまりこのインターネット常時同時配信が実現した場合、【ネット同時配信だけで番組を視聴する人】に対して徴収する受信料というわけです。

 

NHKLOGO

NHK検討委員会の原案によれば、専用のアプリをダウンロードさせて、そこからネットでの同時配信を視聴できるようにするようです。

その原案には、このネット受信アプリのダウンロード手続きを済ませた人を対象にする、といった方針も盛り込まれています。

 

スポンサーリンク

気になる「ネット受信料」の金額は!?

では、新設が検討されているネット受信料、金額は一体いくらになるのでしょうか?

 

今回出された原案によれば

・支払いは世帯単位

・地上波放送の受信料をすでに払っている世帯はネット受信料を免除

・ネット受信料は地上放送の受信料と同額

となっています。

 

NHK放送受信料

地上放送と同額ということは、毎月1,260円(口座・クレジットカード払いの場合)になります。

 

うーん・・・他のテレビ局が提供している配信サービスと比較してみると、高いと思ってしまいますね。。

 

日テレオンデマンド

日テレオンデマンド

日テレなら「日テレオンデマンド」というサービスがあり、放送終了後に無料で人気番組を視聴することができます。

 

フジテレビFOD

FODプレミアム

フジテレビは、FODプレミアムという動画視聴サービスを提供しています。

こちらは月額888円(税抜き)ですが、ドラマ・バラエティ・アニメ・映画などの作品が見放題になっています。

 

TVer(ティーバー)

TVer

さらに民放5社がタッグを組んだのが、この「TVer(ティーバー)」という動画配信アプリ。

こちらはなんと、日本テレビ・テレビ朝日、TBS、フジテレビ、テレビ東京の番組が無料視聴できるサービス。

1週間限定での見逃し配信ではありますが、無料なのはうれしいところです。

 

スポンサーリンク

 

「ネット受信料」に批判の声殺到ww

このように、他社と比較しても高いと感じてしまうので、私個人としてもネット受信料に対してはかなり批判的な目で見ています。

 

もともと以前より「NHKの受信料支払い義務」について論争が絶えなかったこともあり、ネットでも批判の声がほとんどのようです。

 

・アホか?

・どんだけクズだよwwww

・NHKのキチガイさに磨きが掛かってますね

・アプリダウンロードできる状態にあるから対象です、とか言い出すぞ

・動画サイトとして加入型で月額配信するならともかく全世帯から勝手にとるのか・・・

・ネットのインフラ整備に何一つ貢献してないのに

・欲深さには仰天する

・払いたくないからテレビ持ってないのにまったく理解できてない。テレビありませんからネットやってませんに変わるだけだろ

 

スポンサーリンク

 

などなど、みなさんお怒りのコメントばかりw

あと2年後に向けて実現するのか・・・今後のNHKの動向が気になります。

よかったらいいね・シェアお願いします!