仲本工事夫妻に何が起こった?奥さんが家出…おしどり夫婦と思ってたけど

仲本工事 結婚10年目に27歳年下妻が家出していた…2人で開店した居酒屋も休業状態

ゴールデンウイーク真っただ中の夕方。

閑静な住宅街にある居酒屋から、シャッターを開けて出てきたのは仲本工事(80)でした。

奥さん家出でお店も休業中

黒いズボンに、ピンクのTシャツ。

胸には大きく“届け!”とプリントされています。

店から出てきた足でコンビニに向かい、ゼリーやジュース、ペット用品などを買い込んでいた仲本。

しかし、ひとり買い物をするその背中は、妙に寂しげで――。

「じつは仲本さん、半年ほど前に奥さんが家を出ていってしまったのです」

こう明かすのは仲本の知人。

ザ・ドリフターズのメンバーとして日本中を沸かせ、現在も加藤茶(79)、高木ブー(89)と「こぶ茶バンド」の活動を続ける仲本。

2012年7月に、27歳年下の演歌歌手・純歌(54)と3度目の結婚をした仲本は、2015年に2人の名を冠した居酒屋『仲本家JUNKAの台所』をオープンしました。

「純歌さんが得意の料理を振る舞い、仲本さん本人も仕事がないときは毎日顔を出して、協力して店を切り盛りしていました。時折、加藤さんと妻の綾菜さん(34)も店を訪れていました。

しばらくは繁盛していたんですが、だんだんと純歌さんの“暴走”が目立つようになって……。店にカブトムシなどの昆虫食を置いたりして、徐々に客足は遠のき、常連も去っていってしまいました」(前出・仲本の知人)

本誌が、居酒屋を訪れるとシャッターは閉まったまま。

定休日ではないのに、営業時間になっても店が開く様子はありません。

「そういえば最近、休業などを知らせる張り紙とかも貼ってないし、営業時間に電話しても誰も出ませんでした。

『仲本家』の隣には、純歌さんが経営しているスナックもあるのですが、こちらも閉まったまま。仲本さんも、ご自宅にいらっしゃることが多いようですね」(近所の住民)

「手伝いに行ったまま帰ってこない」

仲本夫妻の結婚は、加藤夫妻の“45歳差婚”の翌年だったこともあり、当時は注目を集めました。

結婚後、仲むつまじい姿をメディアで見せていた仲本夫妻。

いったい何があったのでしょうか――。

「あまり宣伝していませんが、昨年末に純歌さんは横浜市内にカレー店を開いたそうなのです。彼女はそれを理由にして、仲本さんと暮らしていた自宅に帰らなくなってしまったのです。

いま『仲本家』は、代役の料理人に来てもらったときだけ開店しています。しかも純歌さんは、その横浜のカレー店関係者といっしょに暮らしているという話が常連の間でささやかれていて、仲本さんもかなりショックを受けていると聞きました」(「仲本家」の常連客)

仲本は2020年9月にYouTubeチャンネルを開設し、夫婦で仲よくパチンコに興じる動画を配信していたのですが、昨年末を最後に妻は出演していません。

「純歌さんは現在もSNSなどで“仲本工事の妻”とうたっているのですが、自宅には戻ってきません。仲本さんは高齢ですし、周囲も心配しています」(前出・仲本の知人)

かたや年の差婚仲間の加藤は、妻とラブラブな生活を送っています。

「加藤さんご夫婦は、結婚当初こそ“財産狙い”などと中傷されることも少なくありませんでした。しかし、加藤さんの闘病生活や仕事のサポートを、綾菜さんは多くの資格を取得したりしながら、献身的に続けてきました。

綾菜さんが加藤さんの舞台のたびに毎日お弁当を作って、稽古場や劇場にご自分で届けているのを見たこともあります」(芸能プロ関係者)

加藤との明暗は、どこで分かれてしまったのでしょうか。

コンビニから帰る仲本を直撃したインタビューでは…。

――純歌さんが家を出ていってしまったと聞きました。

「いや、そうじゃなくて……。横浜でカレー屋さんやっているから、そっちに行ってるよ」

――その店の関係者と暮らしているという証言があります。

「そんなことないよ! だって俺、毎日そっちに行ってるんだから。そんな質問なら事務所を通してくれよ」

あくまで純歌が仕事で行っているだけと答えたが、彼女が居酒屋を放り出して出奔したことは否定しませんでした。

インタビューした限りでは、仲本が横浜を訪れている様子はなかったそうです。

仲本の所属事務所に聞くと、「プライベートのことは一切本人に任せてあります」という回答がありました。

仲本が着ていたTシャツの“届け!”という文字は、戻ってきてほしいという願いが、妻に届いてほしいということなのか…。

https://twitter.com/RRex1108/status/1523248494542454784

ネットの声

「親子ほど歳が離れていて、相手の男性が有名人の場合、女性の側が自分に何かしらのメリットがあると打算して、結婚する場合が多いのではないか。
自分の目論見通りにいかない、あるいは利用し尽くしてもはや利用価値がないと判断したら、驚くほどあっさりと切り捨てる。
打算で繋がった関係はこういう結末を迎える例がほとんどだと思う。
加トちゃんの奥さんはよくやっていると思うけど、あれだけ上手くいくのは例外的で、仲本さんのようなオチになるのが普通。」

「結婚に年齢差は関係ないにしても始めから介護を覚悟で結婚する人はいません。特に男の方は年下差があればあるほど好みが多いようですが、お金のある間だけです。お金が無くなれば年下女性は変貌します。自分はまだ魅力があると勘違いし、どの道そんな方は幸せにはなれません。
お金をお持ちの男性方はお金があることを誇示せず性格の良い人選ばないと長い人生に
谷の底を見ることになります。この点は男女とも気をつけましょう。」

「最近のYouTubeを見ててやっぱりそうなんだと思った。
歌が少し上手いだけのスナックのママが小さなレーベルや自費で歌手になりましたって感じの奥さんでしたから・・・、記事の通りだと、芸能人としてのステータスが欲しかったのか。
でも利用されたとしても、仲本さんが表立って問題にしていないなら、そっとしておいて上げて欲しいと思う。
加トちゃん夫妻と比較するのもやめて上げて、先は誰にも分からないんだから。」

banner
おすすめの記事