【画像】つんくの現在、激やせしてガリガリに・・・

喉頭がんを患ったつんくさんの現在が病的なほど激やせしてガリガリに・・・

心配になってしまう最新画像をご覧ください。

 

スポンサーリンク

喉頭がんで声帯手術をしたつんくさん

シャ乱Qのボーカルとしてデビューし、その後は音楽プロデューサーとして活躍してきたつんくさん(46)は、2015年に喉頭がんの治療のために声帯を摘出しました。

記憶に新しいのは、つんくさんの母校の近畿大学(大阪府東大阪市)で行なわれた入学式にサプライズで登場したときのことではないでしょうか。

 

 

これが、がん再発を公表した後に初めて姿を見せたときだったので、入学式に参加した学生さんたちもかなり驚いたと思います。

声帯の摘出後で、この日は司会がつんくさんお祝辞を代読。

なぜ、今、私は声にして祝辞を読み上げることができないのか・・・

それは、私が声帯を摘出したからで、去年からのどの治療をしてきましたが、結果的に癌が治りきらず、摘出するよりほかならなかったから、一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。

と涙を誘う祝辞でした。

この日公の場に登場したつんくさんは、声帯手術直後とはいえ見た目には元気そうな姿を見せてくれました。

 

スポンサーリンク

癌再発が心配されるほど激やせ

そんな元気な姿を見せてくれたつんくさんですが、2017年になって急に激やせしはじめているようなんです。

2015年に声帯摘出手術をしてから現在までの、つんくさんの激やせしていく様子がコチラです。

 

2016年8月頃

この頃は年齢からくる老いはもちろん感じられますが、痩せたという印象は全くないですよね。

 

2017年4月

こちらは24時間テレビに出演したときのつんくさんです。

この段階では激やせした!?とは言えませんが、2016年の頃に比べて多少顔がほっそりして頬のあたりがこけ始めているようにも見えます。

 

2017年5月

しかし、1か月後の5月になると急激につんくさんが痩せてしまったのがわかると思います。

腕を見るととてもガリガリになってしまい、隣に映るピコ太郎さんの一回りは小さいのではないかと思うほど。

 

2017年6月

さらに1カ月後、つんくさんが自身のブログにアップした写真がコチラです。

腕や足がガリガリになってしまっています・・・。

 

スポンサーリンク

現在のつんくさん

そして、現在最新のつんくさんの画像があまりにガリガリすぎて、ネットでは癌再発か!?と心配する声が相次いでいます。

その現在の最新のつんくさんの姿がコチラです。

頬のあたりがめちゃくちゃこけてしまって、これは確かにやばいですよね・・・!?

年齢によるしわやたるみもあるかもしれませんが、2017年4月から約半年でこの変化は急激すぎます。

 

激やせの原因としてネットで言われているのは、「抗がん剤の副作用」「ガンの再発」と、やはり声帯摘出後もまだガンが完治していなかったのでは?という噂が広まっています。

つんくさんご自身では特に激やせについて言及していませんが、このままさらに痩せていってしまったら心配ですよね・・・。

 

スポンサーリンク

喉頭がんになる原因とは!?

つんくさんが患ってしまった喉頭がんですが、前兆としては声帯に違和感を感じたり、声がガラガラしてハスキーになり、声が出しにくいというような症状が出るようです。

つんくさんの場合、がんが発見される7~8年も前からのどに異常は感じていたそうです。

それだけの長い期間違和感を感じていたなら、発見がもう少し早ければ声帯摘出は避けられたのかもしれないですね・・・。

 

また、喉頭がんの原因として考えられるのが、以下の3つ。

・タバコ

・のどの酷使

・遺伝

このうち、上2つは日頃の生活で気を付けることができるものですよね。

のどの酷使というのは、職業上ミュージシャンでなければ酷使することは中々ないと思うので、やはり日頃気を付けるべきなのは「タバコ」。

 

かかりやすいがんではないとはいえ、やはりタバコの吸い過ぎには気を付けたいものですね。

よかったらいいね・シェアお願いします!