安藤なつが離婚していた…3ヵ月のスピード婚も2年で破局

「安藤なつ」離婚していた 出会って3カ月のスピード結婚、2年で終止符

お笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつ(40)が離婚していたことが分かりました。

2021年6月頃から続いていた6歳年下夫との離婚調停が決着した形です。

スピード婚だったが

安藤なつは、2019年に“ぽっちゃり好きの男性が集まるコミュニティ”を通じ、介護関係の仕事をしている元夫のAさんと知り合い、その年の11月22日(いい夫婦の日)に入籍。

出会って3カ月のスピード結婚でした。

北陸出身のAさんは、上京し安藤なつと共に暮らし始めます。

しかし、その結婚生活は決して平坦ではなかったようです。

デイリー新潮では21年6月29日配信記事「安藤なつ、19年に結婚の夫と離婚調停 6歳年下男性を追い詰めた『超束縛』と『カネ』」で、安藤の“シビア過ぎる感覚”にAさんが苦しめられていること、そしてAさんが婚姻費用調停を申し立てたことを報じています。

異なる金銭感覚

外出時にはホワイトボードに行き先を書かなくてはならない、誰かと食事に行くときには相手の連絡先を安藤に伝えなければならない、車に乗ればドライブレコーダーの履歴を確認される……。

上京し知人がほとんどいない環境で、安藤のこうした束縛は徐々にAさんの心の負担になっていったそう。

さらに安藤が食事を作れば“食費”を請求されるという金銭感覚も、2人の溝を深めたようです。

寄せられていた家庭裁判所での目撃情報

この記事を配信して以降、「家庭裁判所で安藤さんを見た」という目撃談も編集部には寄せられていました。

離婚問題に詳しいライターは、次のように語ります。

「普通、芸能人の方は自身の離婚を大ごとにしたくないですから、穏便に解決を図ります。その点で、調停にまでもつれこんだ安藤さんのケースは非常に珍しいです。当然、裁判所に来れば人目につきますから、弁護士だけで対応するのが普通で、タレント本人が来ることはさらに稀ですね」

婚姻費用の支払いを求めるAさんに、ビタ一文払いたくないという姿勢だったという安藤なつ。

自身が裁判所に足を運んだことからも、離婚にかける熱意は並々ならぬものだったことが窺えます。

そしてこの離婚調停は、すでに12月に成立していました。

安藤なつが所属するサンミュージックプロダクションに取材を申し込んだようですが、期日までに回答は得られずということです。

「現在マネージャーに確認しているところです」(広報)

とコメントするに留まっています。

安藤なつのInstagramにある〈#入籍しました〉の投稿は、いまもそのままですが…。

ネットの声

「個人の収入ではなく世帯の収入として自由にしたかった元旦那さんと、倹約化で白黒はっきりさせていたいタイプのなつさんの考え方が合わなかった印象。合わない相手と離れられて、お互い良かったのではないかと思います。」

「離婚できてよかった。お疲れ様でした。どうして週刊誌は一方的に元旦那側の主張を100%本当のように書くのだろう。安藤さん側には何も聞いていないくせに。偏った記事は安藤さんを貶めたいようにしか感じられず不快です。」

「食費入れてくれてないなら、作ったご飯に対して食費求めるのは当たり前だろう。家賃もなっちゃんの方が多く払ってたらしいし。芸能人と結婚したから養ってもらえると思って上京してきた田舎男の誤算に巻き込まれて大変だったと思う。」

おすすめの記事