「加藤の乱」で「株を上げた」形となったスッキリ!MCの加藤浩次です。それでも闇騒動問題が沈静化していくにしたがって、加藤浩次の声もトーンダウンしていきます。果たして加藤浩次はどこに進むのか…どうやらそれはスッキリ!大リストラで終わりの始まりなのかも!?

吉本興業が大揺れ

亮や宮迫を除く吉本芸人の謹慎が解け、事態も沈静化していき…と、世間的には見られています。

亮も宮迫もボランティアに精を出しているニュースも散見されます。

しかし、当の吉本興業内部はいまだに大揺れなのだそうです。

というよりもわき上がってきた激震といってもいいかもしれません。

それは、日本テレビ側から起こったというのです。

なんと、当面の間情報番組に限定して吉本芸人の『使用自粛』が局内で話し合われたというのです。

ターゲットとなったのは、これも当然のことですが吉本興業の極楽とんぼの加藤浩次(50)とハリセンボンの近藤春菜(36)、さらに南海キャンディーズの山里亮太(42)です。

「きっかけは反社会的勢力相手の闇営業問題に端を発した吉本興業のお家騒動です。加藤が番組の意向を無視し、『取締役が変わらなかったら会社を辞める』と吉本興業に迫り世間を騒がせた。さらに春菜も加藤に便乗する形でこの問題をあおりまくった。視聴率は2桁に達したが、騒動が収束するとこれまでの平均視聴率よりも数字が取れなくなってしまったんです」(局関係者)

確かにスッキリ!という情報番組での発言はまずかったという意見が当時から多かったです。

しかし、流れ的に吉本の闇騒動の話題に食いつかなければならず、あのような過激な発言になったのでしょう。

それにしても、加藤浩次や春菜はそうであったとしても、「山ちゃんも?」という声も多いのでは?

加藤の乱のその後で

「加藤の乱」は加藤のアドリブであったことは、日テレサイドからの慌てぶりからもわかります。

それでも、視聴率がとれている間は良かったのですが、闇騒動問題が沈静化する(時間が経つ)ことによって、それ以前よりも視聴率が落ちてしまったのです。

そこで、日テレサイドは、MCの加藤や春菜の言動を改めて振り返り、視聴者のリアクションの変化についても徹底調査を断行しました。

その結果、浮かんできたのが2人に対する『キャスター不適格』なのです。

「加藤による吉本現経営陣への批判は、公共の電波を使ったゴネ得だと見られていたんです。当初は威勢がよかったものの、吉本が“経営アドバイザリー委員会”を設置し、従来のマネジメント契約だけでなく『専属エージェント契約』も選択できると発表すると、加藤は自らが提案した案が採用されたため吉本に残留すると番組で表明。結局、“加藤の乱”はお家騒動に便乗した自分の権利主張だと視聴者には見えた。要は2人に情報番組のキャスターとしての資質はないとされてしまった」(前出の局関係者)

山ちゃんはどうなる?

それでは、天の声を務める山ちゃんはどうなのでしょう

「山里の場合はキャラクターに難があるようです。最近、女優の蒼井優と結婚してからというもの天狗になってしまったようで、番組スタッフとの軋轢が絶えません。今回の加藤の問題に便乗する形でリストラ案が出てきたんです」(前出の局関係者)

温厚な山ちゃんがスタッフと軋轢があるというのが信じられませんが…

こういうときによく出てくる『局関係者』というのがいったい何者なのかも気になります。

そして、現在日テレ上層部では、安易にお笑い芸人を朝の情報番組のMCに起用したことを反省し始めているというのです。

お笑い芸人は時局に敏感で、ついつい食いついてしまう傾向にあるのが危険と判断されたのかもしれません。

「報道色が濃い、情報番組のキャスターに芸人をキャスティングしているのは日テレだけなんです。今回の騒動を受け、特に吉本芸人を報道系の情報番組に出さない方針を取るべく、調整が始まるようです」(事情通)

今度は『事情通』が出てきました。

それでも、こっちのほうが『局関係者』よりもしっくりくる??

そして、リストラ案なのですが、その第一歩が「スッキリ!」なのだそうです。

さらに、ココリコの田中直樹が出ている「ZIP!」もやり玉に上がっているとか…

「『ヒルナンデス!』は完全なバラエティー番組のため当面は問題にならないようです」(別の関係者)

いろいろな人が言っていますが、2020年3月の加藤浩次降板説が出ているのも事実です。

ネットの声

「ZIPの日替わりMCの方が向いていない方が出演されていると感じるけどね。」

「むしろ加藤さんたちをリストラしたいと強く望んでいるのは吉本のほうのような気がする。見せしめにしたいんでしょう。」

「声を荒げて発言していた点は責められても仕方ないと思う。が、個人の意見をハッキリ発言したことに対してはいいと思う。」

加藤浩次が男を上げた『加藤の乱』ですが、皮肉なことに芸人の食いぷちを減らすことにならなければいいのですが…。

おすすめの記事