YouTubeの『100日後に食われるブタ』が評判…最後は丸焼きに

YouTubeの「100日後に食われるブタ」に賛否両論 

動画配信サイトYoutubeに「100日後に食われるブタ」というチャンネルがあります。

自宅で飼育するミニブタの様子を配信していて、ミニブタが飼い主と戯れたり、散歩したりする姿は、見ていてとてもほほえましいです。

しかし、この「カルビ」と名づけられたミニブタは100日後に食べられてしまうというのです。

その狙いは何か、本当に食べるのか――飼い主のA(35)さんとチャンネルを運営する会社のS社長の話です。

ユーチューバーになったきっかけは

YouTuberになったきっかけを教えてください。

A 約10年サラリーマンをしていましたが、2年ほど前にマコなり社長さんやイケダハヤトさんといったビジネス系YouTuberが人気を集めているのを見て、動画の需要がこれから高まると考えて、フリーの動画編集者に転身しました。そこで出会ったのが、S社長です。

S社長 弊社は教育事業を展開しています。主に動画編集やプログラミングなどITスキルの講座などを提供しています。そこで動画編集の講座を受講していたのが、Aさんです。今はAさんのほうで飼育と撮影、編集をしていて、弊社のほうでディレクションやマーケティングなどをやっています。

自宅で撮影しているようですが、ご家族はいますか?

A 結婚しています。ミニブタを買って来たときは、事前に何も話していなかったので、とても驚いていました。

家族で世話をしています。

視聴者の皆さんと同じで、本当に食べるのか、食べないのか、どっちなんだろう、という目線で飼っています。

ミニブタの「カルビ」について教えてください。

A 今年2月27日に生まれた男の子です。

今は2・3キロ、100日後には倍くらいの大きさになっていると思います。

頭がよくて、トイレも覚えました。

名前を読んだら、ついてくるし、懐いてくれている。かわいいですね。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

企画の狙いは?

視聴者からは食っても食わなくても批判されるの確定」といったコメントも寄せられていますが、この企画の狙いは何でしょうか。

S社長 いま流行っているSDGs(持続可能な開発目標)の中に、食品ロスをなくそうという目標があります。

教育の現場や企業など様々な取り組みがありますが、その取り組みの意義を十分にPRできていないと見ています。

楽しんでもらいながら、食品ロスに関して自分たちの行動を見直すきっかけをつくってもらいたいと思い、企画しました。

私たちが食べているものの中にある命の尊さを考えてもらいたいと思っています。

「かわいそう」というコメントもありますね。

A 想定の範囲内です。

動画を投稿し始めたときは低評価が多かったのですが、4日昼時点での高評価は最大で92%、低いものでも66%です。

視聴者の視点も変わってきているのかなという印象です。

コメントでも「ブタはいつも食べているし、命に感謝しないといけない」、「いただきますを心を込めて言いたくなった」という感想が増えています。

「カルビ」という名前の由来は?

S社長 「食べられてしまうことがわかり、かつ、思い出してもらえる名前がいいね」ということで、「カルビ」にしました。

カルビなら呼びやすく覚えやすいですし、普段食事をしているときに、「あのときカルビってミニブタがいたな」って思い出してもらえる機会も多いと思いました。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

本当に食べるの?

飼い主として情は移らないのでしょうか?

A 移りますね。私も社長も人間なので、愛着も湧いてきます。

それでも本当に食べますか?

S社長 企画の趣旨がそうなので、食べる方向で進んでいます。

「フードロスをなくそう」というメッセージを伝えるという観点から見て、どうすることが最もいいのか考えながら、最終的に判断したいと思っています

食べる場合は、自分たちで解体するんでしょうか。

S社長 専門の業者や資格を持った人にお願いして、撮影しようと思っています。

どの業者にするかは目星をつけていますが、まだ具体的な話はしていません。

「動物愛護管理法の虐待にあたるのではないか」という指摘があります。

S社長 残虐な方法で解体したりすればまずいと思いますが、あくまでも教育目的で食べたいと考えています。

その辺りは顧問弁護士と相談して進めていきます。

注目を浴びてPVを増やすのではなく、「フードロスをなくす」というメッセージをあくまでも伝えていきたいです。

食べるときはどうやって食べるつもりですか。

A 個人的にトンカツが好きですね。

ですが、姿がわからなくなってしまうので、丸焼きがいいと思っています。

そちらのほうが本当に食に感謝でき視聴者にも伝わると思っています。

昨年話題になった「100日後に死ぬワニ」の影響は?

S社長 あれはタイトルが秀逸だと思いました。私も98日後くらいに「どうなるんだろう」と関心を持ったんです。

かわいいミニブタの動画だけではより多くの人に関心を持ってもらえませんから、そこで「100日後」の発想をお借りすることにしました。

「100日後」のあとに何か計画していることはありますか。

S社長 いまのところは考えていないですね。

ただ、「缶バッチをつくらないか?」など商品化の営業は来ています。

それで儲けたいわけではないので、特に具体的な話は進んでいません。

映画化など大手広告代理店から話はないですか。

S社長 現時点ではないですね。話が来たときは考えます。

日々動画が投稿されています。

本当に食べるのか、飼い主らの心も揺れているようです。

90日後、どのような判断が下されるのでしょうか。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「これ、以前別の記事でも取り上げていたけれど。畜産業の方達は、愛情を持って、けれどペットとは違う扱いで豚などの家畜と接している。このyoutuberの方は、「戯れたり散歩させたり」どうやら普通にペットとして愛情を注いでいる模様。これは、ただ閲覧数を稼ぐための「残酷ショー」であり「動物虐待」だと思う。そして畜産業の方達への侮辱でもあると思う。」

「一個人としては見れないです。丸焼きがいい。という言葉に胸が痛くなりました。色々な意見もあるとは思います。フードロスを訴える事も悪いとは思いません。命の大切さを伝えるのもいいと思います。でも、YouTubeで撮影をしながらする様な事なのかなと疑問に思ってしまいます」

「父が子供の頃、朝庭を走り回ってたニワトリが夕食のおかずに…ってのが普通だったそうだから飼ってる動物を食べる事は否定しないけど…。目的が感謝して食べる事だけではなくお金儲け(そっちが本命?)だと見え隠れするからどうも首をかしげてしまう。」

おすすめの記事