小林麻耶がイメチェン…離婚秒読みで結婚記念日はスルー…夫は迷走中

小林麻耶 スピ夫と完全決別「芸能活動再開」と「結婚記念日スルー」

フリーアナウンサーの小林麻耶(42)が10月24日にInstagramを更新。

12月7日よりアトリエファンファーレ東新宿にて上演される舞台『受付』で二人芝居に挑戦することを告知したのです。

結婚後トラブル頻発

昨年11月に当時の事務所である生島企画室との契約を終了して以来、小林をメディアで見る機会は激減しているのですが、舞台出演で再始動するということでしょうか。

小林が芸能界の第一線を去った裏側には、夫である整体師の「あきら。」こと國光吟氏(38)の存在があるのは間違いないでしょう。

最愛の妹・小林麻央さんが亡くなって間もない時期にセラピーを通じて急接近したふたりは、2018年7月、出会って2か月での“交際ゼロ日”電撃婚に至りました。

仲睦まじく暮らしていた夫婦は、2020年の秋口頃からトラブルを引き起こすようになります。

「國光さんが、麻耶さんの仕事に同行し始めたんです。しかも『その服はよくない』とか『撮影の方角が悪い』などとスタッフに指示を出すようになった。その行為が目に余り、番組側が國光さんに同行しないようにとお願いしたところ、今度は麻耶さんが精神的に不安定になってしまったんです」(テレビ局関係者)

そういった経緯があってか、小林は当時レギュラーコメンテーターを務めていた『グッとラック!』(TBS系)を突然降板。

生島企画室との契約も終了し、YouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局』に発信の場を移したのです。

そのような小林を心配する声も周囲にありました。

「國光さんが麻耶さんの知名度を生かしてビジネスをしようとしているように見受けられました。麻耶さんは國光さんに利用されているのでは? 周囲では、そうした心配の声も大きくなっていきました。でも麻耶さんはスピリチュアルな國光さんに心酔していて、何を言っても聞く耳を持たない状態でした」(麻耶の知人)

YouTubeを閉じ2021年3月から別居

しかし今年1月、『コバヤシテレビ局』の終了が動画内で報告されました。

その頃、小林がついに國光氏に違和感を覚えたようです。

「自分の会社の称号を、『株式会社AKIRA』から『株式会社コバヤシテレビ局』に変更したんです。実は國光さんは、昨年の春に『國光』から『小林』に姓も変更しているんです。なので、小林を名乗ることは不思議ではないのですが、会社名を変更しようとしていた頃は、夫婦仲にほころびが見えていた頃でした。
このタイミングでの“コバヤシ推し”に麻耶さんも違和感を覚え始め、周囲の人たちの意見にようやく耳を傾けるようになったんです」(前出・麻耶の知人)

そして3月、小林が実家に戻り、國光氏が新たに借りたマンションに住むことで別居が始まりました。

以前は小林のブログに國光氏がしばしば登場していたのですが、別居後は夫の話題は出ず(10月26日時点)、7月24日の結婚記念日にも触れていません。

夫は瞑想ならぬ迷走

久々の舞台出演が決まり、小林は

〈移動中も台本読んだりと、アナウンサーの新人時代に戻った気持ちです 新鮮。
これからの人生、今日が一番若いので怖がらずに色んなことに挑戦していきたいと思っています〉

とうれしそうにブログにつづっています。

彼女が前に進もうとしている一方、國光氏のブログのトップ画像は小林とのツーショット写真のままです。

國光氏は〈10月からのメニュー〉についてもブログで告知しており、期間限定で格安メニューを設けている。なお、〈占い 60分33,000円 30分22,000円 期間限定30分11,000円 除霊 一体110,000円 期間限定33,000円〉とのことだ。

大きな決断を下した小林をまたテレビで見ることのできる日はくるのだろうか。

ネットの声

「>期間限定で格安メニューを設けている。なお、〈占い 60分33,000円 30分22,000円 期間限定30分11,000円 除霊 一体110,000円 期間限定33,000円〉とのことだ。

普通は、このメニューを見れば胡散臭いので怪しいと思うのではないでしょうか。どうして除霊が11万円もするのでしょうか。その根拠は何なのでしょうか。YouTubeのコバヤシテレビ局が終わって、カネの切れ目が縁の切れ目で、小林さんもようやく目が覚めたのでしょう。これまでのお騒がせ劇をみていると、もう遅いとは思います。」

「たぶん以前のようにテレビに出るのは難しいんではないか?プロデューサーがまず使わないと思う。たぶんあきら氏とともにいた頃はだいぶテレビ側も出演時に金銭的な話や出る出ないと二転三転したりと色々引っ掻き回されて嫌な思いをしてるだろうから、いつまたそうなるかもわからない要素を持っている人間をあえてこの競争が激しく代わりなんていくらでもすぐに見つかる、新しい人材がすぐに出てくる芸能界という世界において、もはや彼女を使おうという番組プロデューサーはいないと思う。ゆきぽよも男問題でもうリスク高いと判断されて全く使われなくなりましたね。」

「フリーアナウンサーさんって沢山おられるから、今更、小林麻耶さんの需要があるのかしら…
いくら洗脳されていたにしても、お世話になった方々に喧嘩を売ったような感じだったのに。」

おすすめの記事