ほぼ確定!?ハリー・ポッターのその後を描いた『呪いの子』の映画化…子どもたちが大活躍!

ハリー・ポッターのその後を描いた「呪いの子」映画化を監督が熱望!

ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントらオリジナル・キャストの再集結に期待ふくらむ

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ハリーのその後の映画化を熱望

映画『ハリー・ポッター』シリーズで監督を務めたクリス・コロンバス(63)が、ハリー・ポッターたちのその後を描いた舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」の映画化を熱望しているそうです。

「ハリー・ポッターと呪いの子」は、映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』(2011)から19年後の世界を描いた作品。

ハリー・ポッターら主要キャラクターの子供たちが活躍する物語となっています。

2016年7月からイギリス・ロンドンのパレス・シアターで上演された同作の舞台は大ヒットを記録。

以降、ニューヨーク、サンフランシスコ、メルボルン、ハンブルクなどでも上演され、来年7月8日(金)にはここ日本でも開幕することが決定しているのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

一作目の公開から20年

一作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)、二作目の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002)で監督を務めたクリス・コロンバスは、『賢者の石』の公開20周年を記念し、Variety誌に登場。

同誌とのインタビューの中で、オリジナル・キャストでの「ハリー・ポッターと呪いの子」の映像化に意欲を示しているのです。

映画版『呪いの子』の監督をしたいと考えている理由について、コロンバス監督は「すばらしい舞台だし、子供たちは実際にその役を演じるにはちょうど良い年齢なんだ」と説明。

『ハリー・ポッター』シリーズに出演していた、ダニエル・ラドクリフ(32)や、エマ・ワトソン(31)、そしてルパート・グリント(33)が大人になったいま、「呪いの子」を映像化するにはもってこいだと思っているようです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

「呪いの子」の映画化は?

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』の終盤で、ダニエル、エマ、ルパートの3人は、特殊メイクをして30代半ばのハリー、ハーマイオニー、ロンを演じきっていました。

彼らもリアル・30代へと突入。

もし本当に「呪いの子」の映画版を作るとなれば、特殊メイクなしの、年相応な彼らの姿が見られそうです。

おすすめの記事