ホリエモンも宮迫の"牛宮城"に危惧

宮迫博之の焼肉店は「正直、ヤバい」 堀江貴文がガチ忠告「ちょっと考え直した方がいい」

実業家の堀江貴文氏が、自身のYouTubeチャンネルで公開した動画で、宮迫がプロデュース・経営を手掛ける高級焼肉店「牛宮城」に厳しい意見を述べました。

「なんで最初に相談してくれなかったんだろう」

「牛宮城」は本来10月にオープンする予定でしたが、YouTubeの企画として行われた試食会で肉の品質などに問題があることが発覚。

そのため、既に渋谷・センター街に店舗を構えているにもかかわらず、開業が無期限延期状態になりました。

こうした騒動もあって、当初は共同経営者だったYouTuberのヒカルが事業から撤退。

現在は宮迫と彼のYouTubeを運営するスタッフたちがオープンを目指して奔走しています。

堀江氏は今回、「宮迫さんの焼肉店について言いたいことがある」と題して動画を公開。

ブランド和牛を取り扱う会員制レストラン「WAGYUMAFIA」を経営する立場から、何度か共演歴のある宮迫に対して「なんで最初に相談してくれなかったんだろう」と残念がり、その現状に「正直、ヤバいです」と警鐘を鳴らしたのです。

はじめに堀江氏が問題視したのは立地。

六本木や銀座のようないわゆる"大人の街"と異なり、渋谷は若者が多い街であるため「客単価が上げられない」と指摘。

そのうえで

「(高級焼き肉を食べるような)お金を持っている人が、わざわざ渋谷のセンター街に行って高級焼き肉を食べるかといったら、なかなか難しい」

と予測していました。

新たなパートナーにも疑念「ちょっと心配」

また、堀江氏は、中国における牛肉需要の増加、牛の飼育に必要な穀物の価格が値上がりしていることなどを理由に、「牛肉に関していうと(価格が)上がらざるを得ない」と分析。

さらに、ブランド牛は良質な牧場と契約することが大事だと説き、

「信頼できる仕入れ先から安定供給をして、それなりの値段で売るってことをやらないと。これから値上がりする牛肉、安売りしてたら絶対商売が成立しなくなります。絶対値上げをせざるを得なくなる」

と語りました。

なお、宮迫は11月18日に投稿した動画で、牛肉に精通した新たな協力者を紹介。

一部メディアでその素性が予想されているこの協力者について、堀江さんは

「正直、経営規模的にそこの会社さんは上場してないみたいだし、経営の内情って業態、店舗数とか見るとなんとなくわかるんで」

と懐疑的な見解を示し、

「これが本当にガッツリ組むって話になると屋台骨を揺るがしかねない状況になるんじゃないかなと思って。他人事ながらちょっと心配しております」

と表情を曇らせていました。

そして、堀江氏は「傷が深くならないうちに考え直したほうがいいんじゃないかなって」と説き、

「知らない仲ではないので。これが大打撃を受けて大変なことになったなんていうと寝覚めが悪いというか。僕はその辺をすごく懸念をしております」
「ちょっと考え直したほうがいいんじゃないかなと勝手に思っております」

と宮迫に忠告していました。

ネットの声

「「牛宮城」まず、名前のセンスがない。宮を入れたかったのは分かるが。おとぎ話と同じで煙のように消えてなくなると思う。」

「「立地とターゲットとしている富裕層の客層と違うことの不安」
「牛肉の供給・価格の安定への不安」
「新パートナーの経営規模の不安」と・・・
ホリエモンの「ガチな忠告」は、宮迫さんの「考えが甘すぎる」
という指摘で素人でもわかる内容だと思いました。」

「堀江氏のことはあまり好きではないが、このコメントに関しては同意する。高級焼き肉店を渋谷に出店って、渋谷に出てくる人達ってそもそもお金がない人たちがほとんど。渋谷に出てきても一銭の金も落とさずブラブラして帰る人達が大多数。そんな街に高級店だしても、最初の物珍しさ客が落ち着けば閑古鳥は目に見えている。なぜ気づけないかなぁ。誰かに担ぎ出されてる?」

Twitterでお届けします

pick up