ヨガりすぎて離婚??大河にも出演…片岡鶴太郎

「夜中1時に起きて4時間もヨガっていれば…」片岡鶴太郎65歳はなぜ俳優として“出世”したのでしょうか

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で、室町幕府政所頭人・摂津晴門を演じる片岡鶴太郎(65)の不気味な悪役ぶりが評判です。

俳優として

「片岡は1991年の『太平記』に始まり6作目の大河出演。朝ドラにも4作出演した、隠れた“NHK御用達俳優”。摂津は、策略を駆使して明智光秀(長谷川博己・43)をいじめるニヒルな悪人です」(放送記者)

1973年に芸人キャリアをスタート。

「オレたちひょうきん族」(フジ・81年開始)で披露した近藤真彦のものまねでブレイクした片岡。

「だが、『お笑いでは(ビート)たけしさんや(明石家)さんまさんに敵わない』と、早々に芸人に見切りをつけ役者業に転身。芸人仲間からバカにされつつも、ぽっちゃりした体型と剽軽な顔を封印するためボクシングで肉体改造を試み、マッチョ体型と鋭い眼光を身に付けた」(芸能デスク)

故・大林宣彦監督の『異人たちとの夏』(88年)での好演で、俳優人生は好転しました。

「同年、年2回放送の『季節はずれの海岸物語』(フジ)も始まった。片岡扮する喫茶店のマスターが、鈴木保奈美、南野陽子らヒロインに恋してはフラれる“トレンディ版寅さん”。実際、片岡は96年の渥美清の没後、『二代目寅さん候補では』と囁かれた」(同前)

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

金田一俳優…

フジの金田一耕助シリーズには90年代に9本主演。石坂浩二、古谷一行と並ぶ“金田一俳優”でもあります。

「芸人出身俳優としては故・藤田まことや竹中直人、泉ピン子と肩を並べる存在になった。同年代では明石家さんまも俳優をやったが、さんまはドラマの中でも“さんまのまんま”だったのに対し、片岡は芸人の顔を切り離した。だからこそ時代劇もはまる。最近、ただのイケメンではない個性派脇役を求め、原田泰造や児嶋一哉、塚地武雅などの“芸人俳優”が起用されることが多いが、その下地は片岡がつくったといえる」(民放ドラマ制作関係者)

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ヨガにのめり込みすぎて“ヨガ離婚”

プロ資格を取ったボクシングの他にも美術館を建てた水墨画、

そしてインド政府公認の難関資格まで取ったヨガなど、趣味への尋常ならざるのめり込みぶりでも知られる片岡。

それはついに家庭生活にも波及します。

2017年、38年間連れ添った妻と“ヨガ離婚”したのです。

「『夜中1時に起きて4時間もヨガっていれば、カミさんも逃げるよな』とこぼしていました。しかし、体重40キロ台に絞った風貌が『麒麟がくる』での悪役ぶりを際立たせていることは事実。“働き方改革”で余裕を持たせたNHKの撮影スケジュールも、片岡の特異な生活サイクルに合っているという」(前出・芸能デスク)

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「俳優、ボクシング、水墨画、ヨガ等多才を発揮。同じ歳の男から見ても憧れます。この方を見ていると、悔いのない充実した人生を送れ、と教えられてるようです。」

「過度の低体重で、明らかな痩せすぎだし、それを維持するための極端な食生活で、医療の専門家からは猛攻撃されていますよね。それを絞ったという表現はどうかとは思いますが。。。
それとは別に、この方はほどほどというのができない人なんでしょうね。生まれ持っての才能もあるのでしょうが、だからこそ、絵もすごいし、ボクシングにしても、ヨガにしても、玄人のレベルに到達できるんでしょうね。あののめり込み方は何にしてもすごいですね。
きっと悔いのない一生を終えられるのではと尊敬する部分が沢山あります。」

「とても雰囲気のある俳優さんになられてますよね。特に好きなのが刑事役で、穏やかながらも老練で眼光の鋭い刑事にはまっています。ストイックすぎて少し心配になるところもあるのでどうか無理はなさらずに。」

さんまや大竹しのぶ主演の「男女七人…」にも出演していたトレンディ俳優でもありましたね。

https://twitter.com/seikolovelovel1/status/1270038825390108673

おすすめの記事