フィンガー5の晃が還暦だってよ…往年のファンには懐かしさいっぱい

1970年代前半に大ヒット曲を連発した沖縄出身の兄妹5人組クループ「フィンガー5」のメインボーカル・晃が5月に還暦を迎えました。

あのトンボメガネの少年歌手が60歳の節目を迎えたことを機に、当サイトに激動の半生と近況を語っています。

日本一忙しい小学生

本土復帰前の沖縄で生まれ育ちました。

ベトナム戦争の時代、米兵が訪れるクラブを営む父のもと、幼い頃からソウルやロックに親しみ、上京後の70年に3人の兄と1歳下の妹・妙子さんと結成した「ベイビー・ブラザーズ」でデビュー。

「フィンガー5」に改名後、73年8月発売のデビューシングル「個人授業」から「恋のダイヤル6700」「学園天国」と3曲続けてミリオンセールスを記録したのです。

末弟の晃は米国の「ジャクソン5」でいうところのマイケル・ジャクソン的な立ち位置にいて、変声期前のハイトーンボイスで小中学生ファンの心をつかみました。

12歳の晃は日本一忙しい小学生になりました。

「布団で寝られるのは3時間くらい。学校は1、2限目で早退。過労で倒れて何回も救急車で運ばれた。体重が30キロ台で、あばらが見えてるし、お医者さんに『このままじゃ死ぬよ』と言われて。ご飯を食べる暇も気力もない。テレビやラジオに出て、夜中の12時からレコーディング。夜8時以降、働いちゃいけないんだけどね」

74年の紅白歌合戦では確実視された初出場が消えました。

「国会で児童福祉法違反だと問題になって。当時は休めるから内心喜んだけど、今思えば歌手として1回は紅白に出たかったという部分もある」

一方で〝役得〟も。

「女性アイドルの楽屋に平気で入れた。体が小さくて小6でも3年生くらいにしか見えなくてね。でも、頭の中は20歳くらいだから(笑)。超マセガキでね。怒られもしたけど、山口百恵さん、桜田淳子さんにはよくしてもらいました」

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

変声期がやってきて渡米

子どもながらVIP扱いされる境遇に戸惑いつつ、受け入れもした。

「中1の誕生日プレゼントがミンクのコートやダイヤの指輪、香水ですよ。僕は仮面ライダーカードが欲しいと言っても、周りの大人はどこで買えるか分からない。ダイヤの指輪はプールでなくした。一方で大人に合わせようとする自分もいて一生懸命働いた。当時のマネジャーと10数年後に会った時、真っ黒な手帳を見せられて『お前たちが命削りながら働いた血と汗で、お金もらってごめんね。晃が倒れる度に申し訳ないと思ってた』と涙ながらに語られました」

中学2年で変声期に。

「一番つらかったね。どんどん声がかすれていく。変声期を遅らせるために女性ホルモンを打たれそうになったけど、僕は絶対に嫌だって断った」

心機一転、75年にグループで渡米。

「アメリカに半年いて帰ってきたら、フィンガー5は全くいない存在になっていた。新しい人たちがどんどん出てきて。これが現実だなと受け止めた」

やりたかった「大人の音楽」も世間には伝わりませんでした。

「ファンクやモータウン系のソウルをやったけど、時代が早過ぎちゃった」

19歳で芸能界から離れました。

「長男の一夫が不動産業、次男の光男が美容師、三男の正男がスナック経営と人生を決めたけど、僕と妹は歌しか知らないから困ってね。人生ゼロからのスタートで就職したのが電気店。飛び込みの営業マンです。アポなしで知らない家の玄関を叩いても開けてくれない。見かねた沖縄出身の店長に助言されて、当時発売された8トラックのカラオケを持参して、玄関の前で『ヘーイ、ヘイヘイ、へーイヘイ』って『学園天国』を歌うんですよ。そしたら『こんなことやってるのか』と泣かれて、テレビとか買ってくれて、知り合いも紹介してくれて売り上げトップですよ。最後の最後、これができなかったら死ぬだけと思っていたから」

https://twitter.com/shimanekko0916/status/1399690816554082306

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

2002年に音楽活動再開

輸入住宅のセールスマンを最後に、2002年から音楽活動を本格的に再開。

「ネクタイ締めて仕事しながらCМ曲を歌うという二足のわらじを履いていたけど、芸能一本にした。焼鳥店、そば店、キャバクラ、ホストクラブ…。歌える場所があればどこでも歌った」

ソロライブも続け、10年にはフォーリーブスの江木俊夫、あいざき進也、狩人の高道と4人組ユニット「テイスト4(T4)」を結成しました。

コロナ禍で1年半ほど有観客ライブから遠ざかるが、現時点で6月26日にT4のライブ、7月31日に都内で「晃バースデーライブ」を開催予定。

3人の兄、主婦になった妹の中で唯一、音楽活動を続けています。

「60歳になっても体調は変わらない。ボクシングや登山など体を使うのが好きで、音楽が大好きだからね」

少年時代から歌への思いも変わっていません。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「40年ぐらい前かな、読売ランドの小さいステージでアースウインドファィヤーのゲッタウェイとかファンクの曲やってたのを見ました。ギターが上手かった。相当なもんだったよ。お客さんは殆どいなかった。全盛期を知っているから悲しかったけど続けていられることは尊敬して止まない。」

「大ファンでしたが当時は実物を見る事が出来ず、夢コンサートさんのお陰で見る事が出来ました。今でもとてもかっこよかったです。変声期の時はそういう事情があったのですね。まぁ、色々ありますよね。今でも歌の世界にいてくれて嬉しいです。大人気というわけではなくても今後もずっと応援したいです。」

「今でもカッコイイじゃん!当時のフィンガー5の楽曲も今でも全然通用するんじゃないかな。単に懐かしい曲というのではなく、改めて聴くと本当に良く作り込まれてる感じがする。当時のファンも色々な音楽を聴きながら成長してるから当時やりたかった方向の楽曲をYouTubeなんかで配信してください。」

おすすめの記事