【衝撃】11日間全く寝なかった少年の体に起きた異変がヤバすぎる・・・

睡眠は、私たちの生活で、必要不可欠ですよね。

実はある少年が、なんと264時間、実に11日もの間、全く睡眠をとらなかったそうです

その怖すぎる内容とは?

スポンサーリンク

11日間寝なかった少年

【衝撃】11日間全く寝なかった少年の体に起きた異変がヤバすぎる・・・

出典:ACADEMIC BOX

ある少年がなんとある少年は、なんと264時間、実に11日間、

全く睡眠をとらなかったそうです・・・やばすぎますよねw

 

とある大学で、「人間はどれだけ眠らずに過ごせるのか」をテーマに実験が行われたそうです。

 

もともとショートスリーパーで、普段から2日も寝ない時もあるという実験の企画者は

 

「1週間くらいなら眠らずに過ごせる」

「体力には意外と自信があるから、それくらいなら大丈夫」

 

と考えていたそうです。

 

そして企画者が実施したそうです。

 

スポンサーリンク

企画者が実際に実験した結果・・・・・・

【衝撃】11日間全く寝なかった少年の体に起きた異変がヤバすぎる・・・

出典:ACADEMIC BOX

そして、睡眠を研究する教授を監修に、

実験がスタートしました。

普段から寝ないことに慣れており、

1日目は「全く変化なし」 だったそうです。

 

そして、2日目で早くも異変が。。。。

【衝撃】11日間全く寝なかった少年の体に起きた異変がヤバすぎる・・・

出典:ACADEMIC BOX

「言動が荒々しくなった」

「記憶が断片的で、記憶障害を起こしているようだ」

「1つのことに集中するのが困難」

 

3日目に、

「2日目よりもさらなる記憶障害」

「現実と妄想が錯綜しているような状態」

 

4日目になると、

「疲労感を訴え、妄想がさらに激しくなった」

ということになり、教授の判断により、

実験はここで終了となったそうです。。。

 

その後、また実験で4日間眠らなかった企画者が、

日常生活を取り戻すのには、2日間もの時間がかかったそうです。

これは危険すぎますね。。。

 

ですが、上には上がいました!

そうそれが、11日間眠らなかった少年です。

 

当時、17歳の高校生のランディ・ガードナーさんは、眠らない実験で世界最長記録をもつ少年です。

彼は、なんと11日間、実に264時間も眠らずに過ごしたそうなのです。。

 

眠らない日が7日目になると

「記憶障害」「言語障害」「体の震え」

「眼球が左右バラバラに動く」

というような症状が出始めたそうです。

 

そして、ランディさんが元の元気な姿に戻るまでには、

実に7日間もかかったのだとか。

幸い後遺症などはなかったそうで、

ここまで恐ろしいことは

絶対真似してはいけないですね

スポンサーリンク

ネットの声

・寝ないで4日くらいゲームした時ある

・1日10時間寝る私には考えられないw

・やっぱり色々おかしくなるんだね

・まだオール一度もしたことない…

・11日はさすがに草ww

よかったらいいね・シェアお願いします!