ロック歌手の内田裕也さんが17日に亡くなりました。

妻で女優の樹木希林さんが亡くなってから半年でした。

死因は肺炎とのことです。

内田裕也のプロフィール

内田裕也さんは1939年11月17日生まれの79歳でした。本名は内田雄也でミュージシャンや俳優として活動していました。

兵庫県で生まれ、大阪府で育ちました。1958年に内田裕也さんがバンドマスターのブルージーン・バップスを結成しました。

その後1959年に渡辺プロダクションに所属しました。日劇ウエスタンカーニバルで本格デビューし、以降ヴォーカリストやプロデューサーとしても活動していました。

1970年代後半からは俳優としても活動し、映画出演や映画監督などもしていました。

「コミック雑誌なんかいらない!」「エロティックな関係」などの映画では脚本も担当しています。

妻は女優の樹木希林さんであり、2018年9月15日に亡くなっています。

娘はエッセイストや女優として活動する内田也哉子で、娘婿は俳優の本木雅弘です。

内田裕也さん死去

内田裕也さんが17日の午前5時33分に東京都内の病院で肺炎のため亡くなりました。

妻の樹木希林さんは半年前の2018年9月15日に75歳で亡くなっています。

葬儀、告別式は近親者のみで行われるようで、後日お別れの会を開く予定だといいます。

内田裕也さんは2017年11月に脱水症状で倒れてからは車椅子生活をしていました。

昨年10月に行われた「京都国際映画祭2018」では「転がる魂・内田裕也 ザ・ノンフィクション」の上映会舞台あいさつに登壇し、「声がでにくい。一杯飲めば治るんだけどね」と冗談を言い健在を示していました。

最後の公の場となったのは内田裕也さん主催のライフワークの年越しライブ「ニューイヤーワールドロックフェスティバル」でした。

この後、体調は悪化したようで17日に妻の後を追うように息を引き取りました。

ネット上では内田裕也さんの死去に悲しみの声が多くみられました。

さらに芸能界からも多くの追悼コメントが見られます。

ミッキー・カーチス、元横綱朝青龍からの追悼も見られ、音楽界からは矢沢永吉、綾小路翔、布袋寅泰などから追悼コメントが見られました。

View this post on Instagram

R.I.P. Mr Rock’n roll. 内田裕也さんの訃報を聞き心よりお悔やみ申し上げます。こうして僕もR&Rのスピリットを僕なりに継承させて頂いてます、と伝えたく、昨年のツアー東京公演にご無理を言って来場していただきました。御体調優れず途中退場なさったものの「とても楽しかった」とスタッフの方から伝言頂き、本当に嬉しかったです。きっと天国でロックンロールの先駆者たちから盛大な歓迎会を受けていることでしょう。素敵なパートナーと手を繋ぎ踊ってください。ロックンロールとは「頑張ろうぜ!」の合言葉。僕も死ぬまでロックンロールします。ありがとうございました。#rip #内田裕也 #rocknroll #ロックンロール

A post shared by HOTEI Official (@hotei_official) on

妻の樹木希林さんは亡くなる前は毎晩のように「裕也さんに会いたい」と口にしていたと言います。

40年以上別居生活を送った内田裕也さんと樹木希林さんですが、仲良く同じ墓で眠ることになりました。

こんな夫婦の形も素敵だと言う声も多く見られました。

おすすめの記事