俳優の萩原健一さんが26日に死去していたことが28日にわかりました。

本人の遺志で病気を公表せず、闘病してきたと言います。68歳でした。

萩原健一さんのプロフィール

萩原健一さんは1950年7月26日生まれの68歳でした。

出身地は埼玉県で本名は萩原敬三です。

埼玉県大宮市でスカウトされたことがきっかけとなり、ザ・テンプターズのボーカリストととして1967年、17歳の時に「忘れ得ぬ君」でデビューしました。

翌年の1968年には「エメラルドの伝説」「おかあさん」などの曲が大ヒットし、人気となります。

1970年にザ・テンプターズは解散後は映画監督を志し、1972年製作の映画「約束」に助監督として参加しましたが、主演俳優が降板したことがきっかけで代役に抜擢されました。

映画「約束」に出演したことで高い評価を受け、本格的に俳優として活動を始めます。

ドラマ「太陽にほえろ!」に出演したことでブレイクし、1974年には映画「青春の蹉跌」でキネマ旬報最優秀主演男優賞を受賞します。

私生活では、1975年にモデルの小泉一十三と結婚するが3年で離婚し、1980年にいしだあゆみと結婚するが4年で離婚しています。

そして2011年にモデルの冨田リカと結婚しています。

また、大麻不法所持や業務上過失致傷罪、恐喝未遂容疑などでの逮捕歴もあります。

萩原健一さんが死去

「ショーケン」の愛称で親しまれていた萩原健一さんが死去したことが28日に所属事務所の発表によりわかりました。

2011年から消化管間質腫瘍(GIST)を患っており闘病していたが、容態が急変し、26日午前10時30分に都内の病院で亡くなりました。

ネット上では「まだ若いのに」「いくつになってもかっこよかった」など愛称の「ショーケン」という文字とともに悲しみの声で溢れました。

患ってきた病気については、本人の強い遺志により公表はしてこなかったようです。

葬儀は家族のみで行われ、お別れ会などを行う予定は特にないといいます。

先日、内田裕也さんが亡くなった際には「非常に残念です。共演することを楽しみにしていましたが、タイミングを逃しました。心よりご冥福をお祈りします」と所属事務所を通してコメントを発表していました。

2017年には歌手デビュー50周年記念のアルバムを発売し、ライブも開催していました。

2018年には萩原健一さんが作詞作曲した新曲を発売しておりNHKドラマ「不惑のスクラム」にも出演していました。

おすすめの記事