【池江選手が白血病を公表】秋葉原駅前の大型ビジョンでは池江璃花子選手のニュースが流れた?12日午後、東京都千代田区

水泳の池江璃花子選手(18歳)が、白血病であることを公表しました

大変な病気なのは間違いありません。

早期の治癒を願うばかりです。

そして、いつものごとくマスコミがやらかしてます

白血病にかかっていることを公表!

2月13日に水泳の池江璃花子選手が白血病にかかっていることを公表しました

白血病と聞いても大変な病気だとはわかっても内容がよく分からないという人もいるでしょう。

血液のがんと呼ばれてます。

そして、いったん出血すると血が止まらなくなるとか…。

18歳という若さでどうして?

そう思う人も少なくないでしょう。

国内・国外から激励の声があがるなかで…

View this post on Instagram

 

池江璃花子選手。 まさか白血病とは… ご本人も信じられないとの事ですが、私もニュース見て目を疑いました… 今の医学を信じて 前向きに治療に励んでほしいです。 池江選手のテレビを見て お願い、治療してしっかり治って。 って思ってました。 主人が詳しい内容をテレビを見ていたら、 うちの子と治療は同じような事をやるみたいだね…と言ってましたが、今見たネットニュースだと白血病の治療方法が化学療法や骨髄移植など様々だという話なのでまだこれから決まるお話んでしょうけどね。 私の子どもは、白血病やガンとは違う病気ですが 12月に骨髄移植をしました。 抗がん剤を使い、 娘から造血幹細胞をもらい、 手厚くお医者様や看護師さん他、 スタッフの方々に大切な命を助けて頂いてます。感謝♡ 輸血もしていたので献血をしてくださった方々にも助けられました。 沢山の方のお力添えにより、子どもの命がまた元気になろうとしてます。 スマホを眺めていたら 池江選手の白血病の報告があってから 骨髄バンクへの問い合わせが殺到しているとニュースで見ました。 骨髄バンクも献血も病気になった方々の命綱です。 今回、池江選手がどのような治療をするにしても 骨髄バンク側は まだまだドナーは足りていません。皆さまのお力添えをお待ちしております。 とコメントを出しているようです。 私も息子の事があったので、骨髄バンク登録や献血などできる限りの事はしていきたい気持ちでいます。 今は息子を退院させるまで母として、きちんとやってかなきゃ!の気持ちですが 陰ながら池江璃花子選手の一日も早い回復を願い、笑顔で帰ってきてくれる日を待ってます。 #池江璃花子 #競泳#池江璃花子選手 #池江選手#白血病#治療#応援してます #骨髄バンク#献血#輸血#命#守ろう #100万人に1人 #慢性活動性ebウイルス感染症 に近い#小児全身性リンパ増殖症#骨髄移植#EBウイルス は#ヘルペスウイルス の仲間 #大人 の#9割は感染 #根治 に向けて#闘病中 #アジア人 しかならないらしい

Chi-さん(@chi_bo_n)がシェアした投稿 -


池江璃花子選手といえば世界的な水泳選手です。

ですから、そのニュースは一瞬にして世界を駆け巡りました。

そして、全世界から激励の言葉が寄せられたのです。

その中で、日本の桜田義孝五輪相(69)の

「がっかりした…」

発言です。

東京五輪の期待の星ですからそう思う人もいますよね。

しかし、これから命を懸けて闘病する人に言う言葉ではありません。

まさに「それを言っちゃあおしまいよ」なんですよ。

案の定ネットではあちこちで大炎上してます。

いつものようにマスコミのミスリード

言葉の原質をその部分だけを捉えると

何てことを言うんだってことになります。

しかし、実際はそんなことはなかったんですよ。

桜田五輪相はしっかりと

「競泳の中でも有力な選手だ…」

と、前振りをしています。

全体の言葉の中で「がっかり」とした発言が出たのです。

「がっかり」という言葉だけを長い文章の中から切り出したのは

まさにマスコミのミスリードですよ。

ネットの反応でも

命を失うかもしれない女の子を前にして

なんてことを言うんだ!

メダルを取れないことに対してがっかりだと??

なんていう声があがるのももっともです。

しかし、実際の桜田五輪相の言葉の全文を読むと

決してそんな意味のことを言っているわけではないということがわかります。

「がっかり」という言葉が一人歩きした感は否めないですが、

それを切り取って発信したのはマスコミですからね。

ネットの反応

みんなちゃんと読んだ?

きちんと体調気遣ってるじゃん

「がっかり」も使い方違うよ…

という声も多いんです。

つくづくマスコミってどうしようもないなって思います。

そこだけを聞くとネットが炎上するのもわかりますからね。

それに、政治家って弁が立つんですよ。

人の生き死にまでかかっているのに、

閣僚のひとりがそんな致命的な発言をするのは考えられません

失言の多くはマスコミのミスリードですからね。

ほんとにそうなら辞職ものです。

実際は

ほんとお騒がせでしたね。

おすすめの記事