コロナ渦の思わぬ副作用。人口が減少で社会崩壊へ

lkgコロナ渦で人の移動や自由な行動が制限されたことでもっとも苦しんでいるのは若者です。若者世代は、これからいろいろな人と出会い経験を積んでいく必要がありリモートだけでは代替できません。コロナ対策の副作用として見落としがちなことですが、実際に社会に打撃を与えるのは、もっと後になるでしょう。

コロナ対策の副作用

 

コロナ以前から少子化が加速していた日本の出生数(生まれた赤ちゃんの人数)は毎年2-4万人くらいずつ減っていました。しかし、コロナ禍がきて、2021年に生まれる数は78万人と、2020年と比べて約6万人減る見込みとなっています。既に想定を上回る速度で少子化が始まっているのですが、さらに深刻なのが婚姻数です。結婚したカップルの数も、ここ数年、毎年1万組くらいずつ減っていたのですが、2019年から2020年にかけて、一気に8万組も減っています。日本では、結婚しないで子供を産むことが一般的ではないため、婚姻数の低下はそのまま少子化へと繋がっていきます。人の出会いが減る→結婚が減る→子供が減る→社会保障が維持不可能になるという負のスパイラルに入っていきますが、気が付いた時には遅いです。人が出会って結婚してから子供が生まれるまでにはタイムラグがあるのでコロナがひと段落しても少子化問題はしばらく続くことになります。


コロナ禍で、既に結婚している人たちの出産数も減っているのに、さらに結婚する人の数までも減ってしまったら、これから加速度をつけて出生数が減っていく可能性が高いです。

この影響は1年後から保育園、7年後から小学校・・・19年後から大学を直撃します。もちろん、それに付随する「若者消費」にも直結するわけです。いまでさえ、若者が減っているから…と言われているのに、これからそれが半分になるんです。

少子化の原因はいろいろ言われていますが、さらにコロナ禍により、非婚化にも拍車がかかり、日本の若者向けのビジネスが壊滅しそうな勢いになってきました。

成人は一人5000万円納税するといわれているので子供の数が減ると20年後には財政問題につながっていきます。

ネットの声

きのうは東京40人感染とのこと。誰かが言っていたが、1400万人都市で感染者40人ってこれがもし風邪なら少なすぎてデマかと疑うレベルですね。これでもまだ自粛を訴える専門家はいい加減GDP30%減の空前の経済恐慌を人為的に引き起こし空前の少子化=多くの若者を遺伝子淘汰した責任を反省してほしい。

ヒトが生きるだけで有限な資源は消費され、他の生命は犠牲になる。やりたいこともなく、心に余計な穴を掘り、“癒し”のために子供を使い、先の無い浪費を繰り返す。楽しい!感動!ゴミをヘラヘラ垂れ流し、次の日には忘れてる。少子化や老化を“解決”して何になる?今必要なのはヒト減らしや安楽死だろう

Twitterでフォローしよう

pick up