雨上がり決死隊が解散。埋まらなかった溝とは?

人気お笑いコンビ「雨上がり決死隊」が解散することが17日、分かった。関係者によると、本日中にも発表する見通しで、宮迫博之(51)と蛍原徹(53)はそれぞれ活動を続ける。特殊詐欺グループとの間で行った闇営業問題を受け、宮迫は2019年7月に所属していた吉本興業との契約を解消。蛍原は同社に所属したまま、冠番組のテレビ朝日「アメトーーク!」などテレビを主戦場として単独で活動を続けてきた。特殊詐欺グループとの間で行った闇営業問題を受け、宮迫は2019年7月に所属していた吉本興業との契約を解消。蛍原は同社に所属したまま、冠番組のテレビ朝日「アメトーーク!」などテレビを主戦場として単独で活動を続けてきたが、32年のコンビの歴史に幕を閉じることになった。

一人で番組を支えた蛍原とトップyoutuberとして返り咲いた宮迫

2人をよく知るテレビ局関係者は「今後、コンビとして継続するのが難しい状況が続いていた。区切りをつけるのが、お互いのためになると思ったのでは」と話した。昨夏には、25年ぶりに2人きりで話し合いの場を持ち、その後も連絡を取り合うなどコンビとしての方向性を探ってきたが、気持ちのすれ違いもあり接点が見出せず、決断したとみられる。

吉本脱退後、宮迫については明石家さんま(66)が後ろ盾となってきた。19年11月には、さんま主催でテレビ局関係者や芸人仲間が参加し、宮迫の激励会を開催。司会は蛍原が務めており、これが雨上がり決死隊として最後のツーショットとなった。

宮迫はYoutubeチャンネル「宮迫ですッ!」を20年1月に開設しており、現在の番組登録者数が140万人のトップユーチューバーとして活躍。

所属する吉本興業に大きな汚点を残すこととなった宮迫が復帰するためには、吉本興業に対して義理を通すことだったが、明石家さんまやダウンタウンなど復帰へ道筋をつけようとした先輩が敷く路線とは別の形で宮迫は世間に返り咲くこととなった。

吉本興業に一人残り、番組を守ってきた蛍原にとっても宮迫がyoutuberとして成功してもそれは、番組復帰には回り道であり面白くなかったに違いない。

宮迫の道を切り開く勝負強さとメンタル、蛍原の人当たりの良さと真面目さでコンビとして売れっ子になった二人だが、主戦場は違えど一人でも十分な稼ぎと活躍ができている現状で無理にコンビ活動をする必要はないでしょう。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

芸人としてはもう終わりかもしれんけど絶対何かしらでお金稼げそうなタイプには見えるな

これで宮迫は振り切れるな
なんだかんだ蛍原とかさんまがブレーキになってたからな

おすすめの記事