2019年7月現在、タピオカドリンクブームが続きます。

ブームが落ち着くと次に流行るのは何か?

この記事では、次のブームの予想として挙がるチーズティーの魅力に迫ります。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

タピオカドリンクの次にはチーズティー?

タピオカドリンクが日本でもかなり流行りましたね。

特に、若い女性を中心とした反響は目を見張る勢いがありました。

連日タピオカドリンクのお店に行くと、列ができておりすぐには購入できないという場面に遭遇した方も多かったのではないでしょうか。

ただ、ブームはいつかは落ち着くもの。

 

タピオカドリンクの根強いファンは今後もかなり存在するとは思われますが、新しいもの、人々の関心を強く惹くものとして永遠に長い行列ができ続けるわけではないでしょう。

では、タピオカドリンクの次に流行するのは何か。

 

その答えとして予想されているものが、チーズティーです。

チーズティーとは、冷やしたウーロン茶やミルクティーの上からフォーム状のチーズクリームをのせたデザートドリンクです。

 

発祥は台湾となっています。タピオカがもたらされた元と同じですね。

クリーム単体でも、ドリンクと混ぜることによっても楽しめそうなドリンクとなっています。

https://www.instagram.com/p/BznPwLQhm-u/?utm_source=ig_web_copy_link

 

流行(するか分かりませんが…)に先立ち、チーズティー専門店が原宿に登場しています!

登場したチーズティー専門店とは?

それが、2019年6月26日に登場した、チーズティー専門店 machi machi(マチマチ)です!

 

台湾の台北にある人気のチーズティー専門店で、東京の原宿駅から近いラフォーレ原宿内にオープンしました。

 

実は、原宿での開業に先立って、自由が丘で2019年5月~6月にかけてポップアップショップが設けられましたが、そこでの売り上げは予想をはるかに超える勢いだったとのことです。

 

やはり20代~30代の女性に人気で、10代も多く訪れていました。

 

machi machi(マチマチ)の日本1号店がオープンしたのは、お店を運営する企業、ベイクルーズが行った社内公募がきっかけでした。

 

タピオカドリンクの行列がしだいに短くなっていきつつある状況を踏まえ、ブームの落ち着きを予想し、「次なるドリンクを日本に!」という提案が行われたのです。

 

実は、machi machi(マチマチ)自体も2018年に台湾にオープンしたばかりの新しいお店。

 

台湾では10年ほど昔、ドリンクにミルクのフォームでふたをするドリンクが流行り、そのフォームを新たにチーズにして登場させたのが、チーズティーという新しいドリンクだったのです。

 

ドリンク開発のため台湾に調査に訪れたことがきっかけで、担当者がチーズティーを気に入ったと言います。

そこから日本に持ち込むための準備が始まりました。

 

チーズティーを日本へ持ち込んだベイクルーズという会社は、これまでにも飲食ブランドの開発の他、ロブスターロール専門店などの流行を日本でもたらしてきた会社でもあります。

その流れもあり、社内では、日本に新しいドリンクを持ち込むこともそれほど反対はされなかったようです。

 

本場のメニューは種類が豊富ですが、日本に持ち込む際には種類が絞り込まれ、インスタ映えすることも意識してドリンクが選ばれました。

 

商品の値段を決める際にも、週1回変える価格を意識し、消費税抜きで500円前後の価格設定としました。

https://www.instagram.com/p/By7ubASlbyS/?utm_source=ig_web_copy_link

https://twitter.com/hiroama830/status/1148081538069716992

 

チーズティー専門店machi machi(マチマチ)の店内に入ると、壁店内に足を踏み入れると、かわいいイラストが目を惹きます。

 

台湾にある本店の雰囲気も大切にしながら、大きな窓で光を取り込み、白ベースのデザインで落ち着く内装となっています。

https://www.instagram.com/p/BxwHD9sHlza/?utm_source=ig_web_copy_link

 

マチマチの店内ではドリンクを楽しむためのテラス席やテーブル席が用意されています。

 

ドリンクの種類を絞ったとはいえ、メニューは約20種類にも及びます。

お店の方におすすめの3品を教えてもらうと、「シキハルチーズティー」「ブリュレ ミルクティー」「メロンチーズティー」がおすすめだそうです。

機会があればぜひ!

 

トッピングは、タピオカでなく、タロイモボールが可能となっています。

タロイモボールとは、サツマイモとタロイモをつぶしてゆでたもので、タピオカよりもちもちした食感を楽しむことができます。

タロイモボールも台湾ではおなじみとなっており、今回チーズティーの専門店を出すに当たり、せっかくだからタピオカ以外のトッピングを可能に、とのことで導入されたようです。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

チーズティーはどう?マチマチのネットでの反応

ネット上からは、早くもチーズティーを楽しむ声が聞こえてきます。

お店の中にはインスタ映えする場所も多く、原宿を訪れた女子の心をくすぐるようです!

タピオカでなくタロイモボールを珍しがる声も聞こえてきます。

原宿を訪れたときの人気スポットとして、これから注目を浴びていくのではないでしょうか?

はたしてチーズティーブームは到来するのか?

ブームとまではいかなくても、原宿での楽しみの一つとして定着しそうですね。

ちなみに、2019年7月24日には、横浜のルミネにも同店がオープンします。

気になる方は行かれてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事