新型コロナに感染してるかどうかがスマホでわかる!?

ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テストが開発されました

ミュンヘンを拠点とする企業Semic RFは、新型コロナウイルスの感染を判断できるスマートフォンアプリを開発。

その名はセミック・アイスキャン(Semic EyeScan)。

スマホのカメラ機能で撮った写真で、感染の有無を判断するというものです。

所要時間は3~5分と短く、97%の確実性があるという。

7万人以上を対象に分析テストを行い、97%の精度を立証

米国眼科学会(AAO)は、2020年の早い時期からCovid-19感染者が結膜炎を起こすことを指摘していました。

これにヒントを得て、同社は2020年3月、450人の新型コロナ感染者を対象にセミック・アイスキャンのテストを開始したのです。

同社代表のヴォルフガング・グルーバー氏によれば、その後、200万を超えるピンクの色合いから、Covid-19のケースを識別することに成功しました。

すでに7万人以上を対象に分析テストを行い、97%の精度を立証したのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

コンサートやサッカーの試合会場などでも使用できる

優れているのは個々のテストのスピードだけではありません。

同時に処理できる件数も100万件と多く、大勢あつまるコンサートやサッカーの試合会場などでも使用できます。

その他にも、3歳児からお年寄りまで幅広い年齢に適用可能で、痛みもなく、簡単な方法で素早く結果が得られるのです。

また、自宅での検査も可能なため、スタッフの安全や時間節約にもつながります。

結果はメッセージとQRコードで受け取ることができ、エコフレンドリーであることなど、同社が挙げるセミック・アイスキャンの利点は多いのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

5月末までにドイツ国内での展開を目指す

具体的な使い方は、アプリを開いて目の写真を撮り、そのデータを送るだけ。

数分後には、検査結果がスマホにそのまま返ってきます。

陽性あるいは陰性という結果に加え、血圧、脈拍、体温も知らせてくれるのです。

この検査結果はQRコードの形でスマホのWalletに保存されるので、必要とされる場面でいつでも提示が可能。

なお、個人情報の扱いも、EU一般データ保護規則(GDPR)の取り決めに一致するものです。

同アプリが当面ターゲットとする顧客は企業で、サービス使用料は月480ユーロ(約6万3000円)の予定。

5月末までにドイツ国内での展開を目指しており、個人向けのサービス提供はそのあとになるということです。

ネットの声

「97%の確実性で所要時間は3~5分が本当ならPCR検査より圧倒的に良い。最初は企業を相手にするとあるが、各国政府に技術を売るとか出来ないのだろうか。日本でもこんなのが出来てくれたら嬉しいと思う。」

「無症状の人が判別できれば素晴らしい、是非とも使ってみたい。」

おすすめの記事