本物そっくりのマリリン・モンロー…でも下着が露わで論争も

マリリン・モンロー像が物議。下着あらわになる巨大像の設置に抗議「私たちは何も学んでいないのか」

アメリカ・カリフォルニア州パームスプリングスに設置されたマリリン・モンローの巨大な像が設置され、「性差別的だ」として住民が抗議活動を行うなど物議を醸しています。

巨大像は出演作の有名なシーンを再現したもので、モンローの下着があらわになる構造になっています。

象徴的なシーンを再現。どんな像なのか

高さ7.9メートルにも及ぶ巨大な彫像は、モンローの出演作「7年目の浮気」の象徴的なシーンをモチーフにして2011年に制作されました。

「フォーエバー・マリリン(Forever Marilyn)」と題され、2012年から14年までパームスプリングスに設置されていたのです。

その後巨大像はニュージャージー州に移転され、2018年にはコネチカット州スタンフォードでアートイベントの一環として設置されたこともあります。

地元メディアの「The Desert Sun」によると、パームスプリングスの観光業界団体がモンロー像を購入。

再びこの地で展示することが決まったのです。

モンロー像はパームスプリングス美術館の入り口に設置され、6月20日にお披露目されました。

業界団体会長は、「フォーエバー・マリリン」像が観光客を呼び込み、地元企業の収益を増やすのに役立つとしています。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

「性差別そのものを思い起こさせます」

しかし、巨大なモンロー像の設置をめぐり、地元住民からは反対の声も上がっているのです。

彫像は、地下鉄の通気口から吹いた風がスカートをはためかせるシーンをおさめたもので、像の後方に回ると、モンローのパンティがあらわになる造りになっています。

「像は過度に女性を性的対象としており、女性蔑視的である」として、一部住民から非難の声が上がっています。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

時代は変わった

像が設置された美術館の元館長も、意を唱えています。

リズ・アームストロング氏はVarietyの取材に対し、「文化や時代は変わった。この像は昔の過ぎ去ったステレオタイプに基づいており、モンローに対して公平なものではありません」と述べたのです。

「私たちは何も学んでいないのでしょうか?26フィートもの高さの像を建てるときは、それが何を表しているのか、確認したほうがよいでしょう。これは、性差別そのものを思い起こさせます」

像を披露する除幕式では、抗議デモも行われました。

撤去を求めるオンライン署名も立ち上がり、5万筆以上の賛同が集まっているそうです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「マリリンモンロー自身はそういうことを心得ていたから、こういうポージングなんだよ。彼女が表現者として演じたものの根本を否定するのは違うと思う。」

「像はともかく、あのシーンはモンローの象徴だろうよ。しかもモンロー本人がセクシーさを売りにしていたんだし。終いには自由の女神にまで難癖付け始めるんじゃないか?コイツらはw」

「ジェンダー平等による文化破壊は本当に反吐が出る。民主主義の危機だよ、表現の自由は守られるべき。不当な抗議に屈しないでほしい。」

おすすめの記事