ヒカル…編集カットしなかった実兄にダメ出し…食事マナー炎上動画で

ヒカル、実兄にガチダメ出し 「炎上食事マナー」編集で切らず...「認識甘い」「俺でもカットする」

人気YouTuberのヒカルが、食事マナーの悪さをネット上で指摘された動画をめぐり、当該シーンをカットしなかった実兄のまえすさんに不満をあらわにしました。

寄せ箸、刺し箸などをする姿に批判の声

2022年4月26日に公開した「1人では限界なので仲間に力を貸して欲しいとお願いしました」と題した動画。

ヒカルは、自身のYouTubeチャンネルにおけるダメなところ、改善点を洗い出すために、自らが経営する会社のメンバーである、名人さん、ロケマサさん、捧さん、まえすさんらを集めて戦略会議を行いました。

ヒカルは、現在自社が右肩上がりで成長している一方で、「YouTubeにもっと熱を込めたい」と説明。

今までは自分で事を進めて成功を収めてきたものの、「ちょっと限界が来ている」としたうえで、

「仲間の力を借りないともう上にはいけないんじゃないかというところに辿り着いた」
「もうちょっと足並み揃えて全員でやっていきたい」

と訴えたのです。

とりわけ問題視したのが、自分を含むメンバー全員のYouTubeに掛ける時間が減っていること。

ヒカルは「特に最近大きく問題になったと思うのが、俺のあの食事マナーのやつ」と切り出し、

「あれって完全に未然に防げたなっていう。もちろん、俺があれをせんかったら良かったんやけど、あれをカットしない認識の甘さっていうのがまず一個あると思っとって、編集チーム自体に」と指摘したのです。

4月5日に公開した動画の中でヒカルは、箸で皿を手元に引き寄せる「寄せ箸」や食べ物に箸を突き立てる「刺し箸」

さらには、箸を突き刺したものを食器に戻すなどの行為をして、視聴者から批判の声があがっていました。

「散々言ってきたけど直らなかった」

さらに今回ヒカルは、YouTubeの編集作業において「必要な部分と必要ではない部分を明確に分けて、必要じゃない部分を絶対にカットするっていう。これが俺らは今、足りてないんじゃないか」と問題提起。

「全員で編集を見直していきたい」と語りました。

「今までは根本、まえっさんに全部やらせていたのが強かったんやけど、まえっさんも手一杯というか結構きつい」とヒカル。

自身は「半年くらいか、1年くらいか、最終チェックしてない」といい「忙しい、他にやることあるから無理やって投げ出してた部分もあって、それは正直自分の甘さやと思ってるから、徹底しようと思ってる」と反省を示し、編集にタッチする意向を示しました。

これまでの編集をめぐっては

「正直、俺はまえっさんに散々言ってきた。『なんでこんなん残すん?』『こんなんカットするべきやろ?意味ないやろ?』って言ってきたけど、それでも直らへんかった。その集大成があのマナーのやつやった」

と説き、

「もうまえっさんにだけ任せるっていうのは無理がある。限界。あんなん捧さんが見たら絶対カットすると思う。俺が見てもカットするし」

と不満をぶちまけていました。

ヒカルは「今まで俺がまえっさんに指示して、まえっさんがリーダーみたいな感じで全体でやるみたいなハブになっていたけど、まえっさんの負担がデカすぎるから、このハブになる人間を4人に増やしたい。まえっさんの負担を軽減して、さらに強固にしていきたい」と負荷を軽くする提言も。

「まえっさんに任せるだけじゃ絶対無理やって気付いた」と再度指摘しながら、「別にまえっさんが悪いとかではなくて、俺らも(編集を)やるべきやった。俺も流石にやる」と話していました。

ネットの声

「この動画に関して疑問に思う点は2つあって、まずマナー不良で炎上したヒカル本人が根本の原因であることは自明なのに、「自分も悪かったけど?」というスタンスを取っている点。もう1つは、確かに作り手の目線で見ればカットしなかったことを注意すべきなのは分かるが、その説教シーンこそ動画上では絶対カットすべきな点。マナー悪かった張本人がその編集にケチ付けてるシーンなんて動画にしたらまた燃えるのは簡単に想像つく。これもわざと火に油を注ぐ炎上商法なんでしょうか。」

「普通はご自身のチャンネルにあげる動画ならアップロード前にチェックすると思いますが、それを怠ったからいけないのに人のせいですか。また収入が増えれば付き合いなどで高級店に行く機会も増えるので、自発的にマナーや作法を学ぶと思いますが、それすらしない事がそもそもの問題。人を責める前にまずはご自身の行いを見直すべき。」

「一つ疑問なのは、チームとしてあれをカットしなかったことが問題で、それを改善する!という結論になったなら、リーダーのヒカルがマナー指摘された時に、【これが俺や!】と言わなくてよかったと思う。これが俺ならそのまま流せばいい、批判にも屈しなきゃいい。ただカットすべきというなら悪いこと、イメージダウンを認めてるんだから、謝罪はしなくていいけどこれが俺とかいわなきゃいいのに。」

おすすめの記事