中国の最高級車「紅旗」日本初上陸!

 2021年2月上旬に日本への上陸が予定されていた中国の第一汽車が展開する高級車ブランド「紅旗」が日本の港に到着。

中国の最高級車「紅旗」とは?

紅旗は、毛沢東によって1953年に設立された中国最初の自動車会社「第一汽車」の高級車ブランドです。  1958年に第一号車である「CA72」が完成して以来、長年にわたって中国の要人たちに愛されてきたクルマです。  そのような歴史の深い伝統ある中国の高級車が日本に上陸すれば、中国の「民族系」自動車メーカーが非EVの乗用車を日本で販売する史上初の例となります。紅旗H9は全グレード標準でパノラマサンルーフを装備し、ベースグレード以外ではドライブレコーダーや全自動の駐車システム、マッサージ機能付きフルリクライニングリアシート、全253色の車内イルミネーションなどを搭載。日本へ輸入されるグレードの詳細や価格などは、2021年2月下旬、中国第一汽車からの正式発表で明らかになる予定とのことです。

実際には、中国車の日本進出は厳しいでしょう。

まず、日本車自体が世界トップクラスの水準で、修理から点検までのアフターサービスが充実していて、車が暴走して事故が起きた場合は法律によってメーカー側が保障する形になりますが、中国は法律の形が違うので、事故が起きた際の責任が曖昧である上に中国という国自体に日本からの信用は世界でもかなり低いという事情があります。

車はアメリカや中国、ロシア、イギリスなどが国を挙げて作ってきましたが、結局はドイツと日本が長年シェアを占めています。

ドイツと日本は政権交代が少ないという特徴があり、キャッシュレス化がもっとも進んでいない先進国でもあります。何事にも慎重な国民性なので、命を預ける車は安全性が第一ですから、ドイツと日本に合った産業といえるでしょう。逆に中国は人権がない国で命に対する感覚が、違いますから車産業には向いていないと思います。リスクを取ることを厭わないアメリカ車が事故、故障が多いのと似ていますね。

というわけでわざわざ日本で中国の車を買う人は少数派だと思います。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

デザインや性能の話をいくらしても、問題はそこじゃない。
壊れると部品は?
ディーラーはどこ?
ヤナセやコーンズみたいに立派なサービスあるの?
アメ車がそうした部分を一切やらずに根付かない日本。
欧州車みたいに日本に合わせた販売、サービススタイル身に着けないと無理。

何が仕込まれているかわからないから無料であげると言われても要らない。買えない負け惜しみとかではないよ?本気で要らない。これ貰うぐらいなら軽トラの方が個人的には利用価値がある。

3年ほど前から中国で仕事していますが、ビルのイルミネーションや街灯の色使いなど、とにかく派手です。でもそれが日本人の目から見てセンスがいいかというと…
記事の中にイルミネーションやライトのことが書かれていますが、同じ匂いがします。
日本人には受け入れられないでしょう。日本にいる中国人向けなのかな。

おすすめの記事