テリー伊藤の兄が経営する会社で就労資格のない中国人を働かせていたことで書類送検されました。

テリー伊藤は9日にTBS「サンデー・ジャポン」に生出演し、謝罪しました。

テリー伊藤の兄が書類送検!

テリー伊藤の兄は、築地場外市場にある玉子焼き店「丸武」を経営する伊藤光男社長です。

伊藤光男は就労資格のない中国人を働かせていたとして、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで書類送検されました。

2009年9月から今年3月、不法残留などで就労資格のない中国人の男女2人を働かせた疑いがあるといいます。

中国人の男女2人をそれぞれ入管難民法違反の容疑で逮捕しています。

昨年秋頃に「丸武に不法就労の外国人がいる」と情報が寄せられたことで発覚し、4月に丸武を家宅捜索していました。

伊藤光男は「日本人は長続きしないから、長く働いてくれる人を雇っていた。経営者として浅はかだった」と説明し、

「2人がオーバーステイであることはうすうす分かっていた。在留カードを見ても身分確認が本当に大丈夫かよく分からなかった」などと話し、容疑を認めているといいます。

デイリースポーツの取材に対しても事実関係を認め、働いているうちに資格期限が切れていたと説明しました。

伊藤光男は外国人に関する制度などを詳しく知らなかったことを反省し「法律だから仕方がないです」とコメントしました。

テリー伊藤が謝罪!!

テリー伊藤は9日、TBS「サンデー・ジャポン」に生出演し、兄が書類送検されたことについて「お騒がせしたことを謝りたいと思います」と謝罪しました。

テリー伊藤は、生出演の前日に兄と連絡をとったといい、「落ち込んでいました」と様子を明かしました。

「報道の通り、最初に来た時はもちろんビザを持っていて、何度も一応、聞いてはいたらしいんですよ。ちゃんと更新したのかと。したと言ったふうに言っていたので。

とはいってもね、実際、証明書を見なかったのは大きな落ち度なのでね。そこに関しては本当、反省してほしいし、しないとだめですよね」とコメントしました。

「築地は楽しい街。そういうイメージ全体が悪くなっちゃうっていうのは申し訳ないなって気持ちがあって。息子の代にもなるし、もう一度頑張ってやってほしい」

「みなさんにお騒がせしたことを謝りたいと思います」と謝罪しました。

ネット上の反応

ネット上では、芸能人の兄弟や親に何かあったときに芸能人が謝らなければならないということに疑問の声がありました。

また、テリー伊藤に対して「人に厳しいのに自分や身内には甘い」などの批判する声も多数見られました。

伊藤光男社長は「アニー伊藤」としてテレビに出演するなどしていました。

丸武は創業から80年を超える老舗で、老舗卵焼き専門店としてメディアに紹介されています。

おすすめの記事