AKB48の救世主とも言われているのはチームKの矢作萌夏です。

そんな矢作萌夏に熱愛が発覚!!!

同級生に一目惚れしていたことが報じられました。

矢作萌夏のプロフィール

矢作萌夏は2002年7月5日生まれの現在16歳です。

出身地は埼玉県で血液型はO型、身長は158cmです。

姉は元SKE48の矢作有紀奈です。

2016年に姉の矢作有紀奈とAIMSTONE PRODUCTIONに所属しました。

2017年11月には「第3回AKB48グループドラフト会議」の候補者オーディションに合格したことでドラフト候補生になりました。

2018年1月に開催されたドラフト会議では、第1巡目でAKB48チームの3チームから指名され、チームKが交渉権を獲得しました。

2018年3月にはチームKドラフト研究生となり、同年12月にはチームKに昇格し、

2019年1月にAKB48メンバーとして最速でソロコンサートを開催しました。

矢作萌夏に熱愛報道!?

AKB48の救世主とも呼ばれる矢作萌夏に熱愛が報じられました。

週刊文春デジタルでは、ディズニーランドでのデート写真や自習室で親しげに体を寄せあう親密そうなツーショットなどが掲載されています。

熱愛のお相手は同じ私立高校に通う、竹内涼真似のイケメン同級生だといいます。

矢作萌夏はそのイケメン同級生に一目惚れし、自ら交際を迫ったとされています。

2人の関係は学内でも有名だといい、学内のイベントでは矢作萌夏をおんぶするイケメン同級生の姿も見られたといいます。

矢作萌夏の所属事務所に事実確認をしたが、期日までに回答はなかったとされています。

矢作萌夏が報道を完全否定!

矢作萌夏は自身のツイッターで、熱愛報道を完全否定しました。

「ディズニーランドで一緒に写っている方とお付き合いしているという報道がありましたが、事実とは全く違います」と報道内容を否定しました。

写真を撮ることになった経緯や当時の状況を説明し、お相手とされた同級生については「よく話す友人の一人ですが、彼氏でもなんでもなく同級生の一人です」と訴えました。

さらにツイッターを更新し、「『文春に売られたよ』とか『大変なことになるよ』などよくわからないDMが数週間前から毎日来ていて、スタッフさんに相談しているところでした」と明かし、

「自称私と同じ高校の生徒と名乗ってデマや捏造した写真を拡散する方が沢山いるようですが、とてもショックです」と迷惑行為であることを指摘しました。

「記事では私の事務所へ問い合わせたと書かれていますが、事務所にも私にも連絡は来ていないです」と記事内容についても不審な点があるとしました。

「噂されている学校の友人に対して恋愛感情は1度も持ったことがありませんし、恋愛対象に見れる相手では全くありません。迷惑です」と恋愛関係を否定し、

「私のアイドルとしての自覚が薄かったのと、AKB48のメンバーとして軽率な行動をとってしまい、48グループ全体に迷惑を掛けてしまった事は、心から反省しています。誤解を招くような行動は、今後一切断ちます」と反省の言葉も述べました。

運営側はメンバーへの嫌がらせをしている高校生グループが暗躍している可能性が高いとみています。

専門業者へ分析や追跡を依頼し、この件とグループとの関連を調べ、場合により刑事告訴も視野に入れているとしました。

おすすめの記事