欽ちゃんの仮装大賞ってどこまでやるの!視聴率下落!つまらない!?
DSC_0257

2月1日に放送された「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」(日本テレビ)の視聴率は9・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)でした。

実はこれ、昨年とまったく同じ数字なのです。

2年連続の2桁割れ…。

今年で97回目を数えた仮装大賞ですが、このままで100回目まで放送されるのでしょうか。

欽ちゃんの今年もやるの?

放送当日の読売新聞は、ラテ欄でこう解説しています。

《「また今年もやるの?」なんて思ってはいけない。上位に食い込んだ仮想は目が釘付けになるレベルの高さだ。とくとご覧あれ。(中略)「国民の学芸会」「歌舞伎に通じる“見立て”」――。過去の当欄はそう表現してきたが、確かにこれは、日本の「文化」かも。「仮装大賞」ある限り、参加者のアイデアは尽きない。さあ、100回目が見えてきた。》

日本の「文化」とは言いも言ったりですが、残念ながら、視聴者はそれほど多くはありませんでした。

欽ちゃんのやる気もなくなった?

放送前にそれを予言するかのように語っていたのは、欽ちゃんでした。

1月13日、司会の萩本と香取慎吾(41)が揃って行われた取材会。

現在、年1回のペースで放送される「仮装大賞」、このまま行けば3年後に100回目を迎えることを尋ねられ…。

香取:欽ちゃんと迎えられたらいいな。

萩本:正直言ってね、100回目は迎えられないと思う。(収録後に)ああ、ダメだあと思ったの。今回、収録終わってから生きている感じがしなかった。階段も上がれないぐらい。長い間ありがとうございました……。

自身の体の衰えに持って行き、香取がAIネタに振って笑いにしていましたが、お年ですから体が辛いというのも本当なのでしょう。

40年以上続けてきた番組ですから、100回はやりたいはずですが…。

ただ、番組自体が持たないと感じている可能性もあるようですよ。

2019で40周年

「仮装大賞」が初めて放送されたのは1979年の大晦日、NHK紅白歌合戦の裏番組でした。

正式なタイトルは「欽ちゃんの紅白歌合戦をぶっ飛ばせ! 第1回全日本仮装大賞~なんかやら仮そう! ~」で、新宿コマ劇場(現・TOHOシネマズ新宿など)からの生中継だったのです。

以来、第4回で視聴率は20%超に。最盛期には、正月、春、秋と年3回放送されて高視聴率を上げ、海外でも予選会を行ったほど。

ちなみに、近年の視聴率は…

  • 14年2月11日:13・1%
  • 15年1月12日:14・0%
  • 16年2月13日:12・8%
  • 17年1月21日:10・6%
  • 18年2月3日:13・1%
  • 19年2月2日:9・0%
  • 20年2月1日:9・0%

ここ2年は確かに数字を落としているのですが…。

ネットの反応

「昔は本当に凄い人が居て、技術賞にふさわしい人、ファンタジー賞にふさわしい人がいたけど、最近は面白くない。」

「香取慎吾が後継者的な役割だが、萩本欽一が引退したら終了な感じもする。」

「学芸会みたいな作品が多くなってから見なくなったなぁ」

おすすめの記事