キングコング・梶原が今年の『M-1』について批判!!その意見に賛同する声続出

キングコングの梶原雄太がYouTubeで衝撃発言!?

今年の『M-1グランプリ』に対して批判の声を上げる。

上沼恵美子騒動にも触れ視聴者からは称賛のコメントも。

 

 

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

 

キングコング・梶原が『M-1』に批判意見!!「重い空気」

 

お笑いコンビ『キングコング』の梶原雄太が『M-1グランプリ2018』について言及。

 

芸人目線の批判に共感する声が相次いでいるようです。

 

また上沼恵美子に関する騒動にも触れ、擁護するコメントをしました。

 

 

 

 

キングコング

<出典:Twitter@UpUpDougaJP>

 

YouTuber・カジサックとしても活動する梶原は相方の西野亮廣とともに12月9日、

 

キングコング公式YouTubeチャンネルにて動画を投稿しました。

 

 

 

 

「M-1について熱く語るキングコング!!」と題して番組構成に関する不満の意見を吐露。

 

今年のM-1といえば午後6時34分ごろに開始され約3時間半の放送となりましたが、

 

その全体的な流れについて梶原は

 

「ネタ始まるまでに1時間くらいあんねん」

 

 

と番組の構成につてい指摘。

 

 

 

 

視聴する前に今年のM-1が「歴代1面白い」という声を聞いていたため期待していたそうですが、

 

「実際見て面白いのに……なんかハネてない。なんで?…なんで?」

 

 

と肩透かしを食ったように驚きの声をあげました。

 

「お客さんは絶対悪いお客さんじゃないのよ」

 

 

面白かったはずなのに、”ハネてない”

 

観客の質が悪いせいじゃないとしつつも、会場が重い空気に飲まれていたと語りました。

 

梶原はその原因を考えた末にたどり着いた答えが「番組の重々しい空気作り」にあるとしました。

 

 

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

番組サイドが上沼恵美子の酷評を求めてる!?

 

 

また、上沼恵美子の審査に端を発する騒動にも触れた梶原は

 

「絶対的に、好き嫌いを出したい方じゃないんですよ」

 

 

と氏を擁護する意見を語りました。

 

 

 

 

騒動を起こしたとろサーモン久保田やスーパーマラドーナ武智の批判では

 

「ネタの面白さで評価してない」という論調でした。

 

 

 

 

話し言葉や見られ方によっては誤解されることもあり、

 

このことに梶原は「2人が過剰に拾い上げた」としました。

 

 

 

 

また、番組サイドが上沼恵美子の酷評を求めていると指摘。

 

「いうても振りすぎやと思うもん」

 

 

と不満の意見。西野亮廣も同調し

 

「でも視聴者的には見たいわけもね。ちょっと酷評されてるところを」

 

 

エンターテイメントとして考えたときに、求められることもあるため

 

一概に批判できないと演出意図について理解を示しました。

 

 

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

梶原の意見に視聴者も納得の声「その通り」「わかる」

https://twitter.com/ktfawa26/status/1072080116140789761

 

やはりネタまでが長い……。

 

淡々とネタだけを披露しても味気ないではありますが、難しいところです。

 

 

時間がない人は録画で済ませがちですね。

 

 

 

 

梶原さんの意見に賛同する人が多いようですね。

確かに、例年のごとく漫才までの下りが長くてしんどい感じです。

番組サイドとしても審査で盛り上げなくてはならないし

上沼氏の酷評を求めていたというのはありえそう。

おすすめの記事