M-1グランプリ後に騒動を起こしたとろサーモン久保田。

上沼恵美子への批判に対し引退した島田紳助までコメントを寄せる事態に

松本人志が異例の救済措置をしていた!?

 

 

 

騒動を起こしたとろサーモン久保田に松本人志が救済!?

 

 

M-1グランプリ2018終了後、インスタライブにて審査員の上沼恵美子を批判した騒動。

 

張本人のとろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智の今後について、芸能界で動きがあった模様。

 

ダウンタウン・松本人志の叱咤激励により救済との報道も。

 

 

 

 

M-1審査や上沼恵美子に対する憤りをネットで生配信し騒動になった件。

 

芸能界を引退した島田紳助まで7年の沈黙を破りコメントするなど

 

業界に激震の走る事態に発展しています。

 

 

 

 

そんな状況でとろサーモン久保田を

 

松本人志が叱咤激励によって救済しようとする働きがあると『日刊ゲンダイ』の取材で判明。

 

同じ吉本興業の後輩芸人でもあり、M-12017優勝コンビでもあるとろサーモン。

 

 

 

 

どうやら松本が司会を務める元日特番『ドリーム東西ネタ合戦2019』の収録が15日にあり

 

本番前に楽屋に呼び出した際、

 

「俺はおまえたちの味方でもあるからな」

 

 

と励ましの言葉をかけていたとのこと。

 

 

すでに新年特番の収録にとろサーモン久保田が参加している模様

 

 

『ドリーム東西ネタ合戦2019』の収録前にまさかの叱咤激励の言葉。

 

騒動さえ起こしたもののとろサーモンの2人はM-1優勝という肩書きもあり

 

吉本興業としても売り出したい芸人筆頭のはず。

 

それゆえに関係者は各所に謝罪して周り、芸能界からコンビが消えてしまわないよう奮闘しているとのこと。

 

 

 

 

騒動直後は出演するはずだった仕事もキャンセルせざるを得ない状態だったものの

 

先述した元日特番の収録にはすでに参加しているようで、

 

年明け2019年から再始動という形になると言われています。

 

 

 

 

一方、スーパーマラドーナ武智はというと

 

上沼恵美子に対して放った「更年期障害」という言葉がフェミニストから目をつけられているようで

 

吉本も静観しかできない状況のようです。

 

 

ネットの反応

後輩だから、まっちゃんが励ますという話はわからなくないが、
久保田がセーフで武智がアウトって理由がよくわからん。

 

松ちゃんの後輩を想う気持ちはわかるけど、今回の件はこれ以上関わらないほうがいいかも。

 

そもそも面白くないし、さらに笑えなくなった。

 

 

 

 

とろサーモン久保田だけ松本人志が救済したという話ですが、

スーマラ武智は流石に「更年期障害」発言で擁護不可な感じなんですね……。

ワイドナショーで「スーパーでサーモンは買わない」と発言していましたが

後輩ということもあってかかばいたい気持ちもあるんでしょうね。

おすすめの記事