俺たちの竹原慎二が帰ってきた!…ガチンコファイトクラブよりもガチ!

元ボクシング世界王者でタレントの竹原慎二(49)が、公式YouTubeチャンネル「竹原テレビ」に、喧嘩自慢の若者とスパーリングをする動画を公開。

きっかけは、竹原が運営するジムの生徒宛に届いた知人からのLINE。

そこには「あいつほんとに強いの?www」「今度スパーリングさせろよ!余裕で勝てると思うからw」などと書かれていたのです。

「マジで最近舐められてるんだよね」

これを受けて2021年、5月15日に公開された「竹原を舐め切った喧嘩自慢の若造が殴り込み!ガチスパーリングで鉄拳制裁!」と題した動画で、竹原は「マジで最近舐められてるんだよね」とぼやきつつ、「懲らしめなきゃダメだね」として、挑発してきた若者とスパーリングをすることになったのです。

喧嘩自慢の若者は仲間を引き連れ、定刻よりも遅れて登場。

「ういーす」と悪びれもせずにジムに入ってきたことに対し、「お前ら何時だと思ってるんだよ」と竹原が叱りつけたのですが、彼らは気にも留めません。

しかも、ジムに入っても土足のまま。

竹原が「怪我しても文句言うなよ」と忠告するも、若者の一人は「こっちのセリフです(笑)」と余裕綽々の構え。

そして、スパーリングのゴングが鳴りました。

竹原が拳を交えるのは、2人の喧嘩自慢。

ルールは2分2ラウンドで、相手のみヘッドギア着用で行われました。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

元世界チャンピオンの技術で、喧嘩自慢を翻弄

まずは一人目。

竹原は左のジャブをおとりにして若者のガードを崩し、がら空きになった顔面に右ストレートを見舞い、ダウンを奪いました。

立て続けに、ボディーブローを食らわすと、若者はその場にうずくまったのです。

スパーを終えると、若者は息も絶え絶えに「強い、(パンチが)速い、見えない...」とつぶやいていました。

5月18日に公開された動画では、腕にタトゥーを入れた二人目の若者と対戦。

スパー開始とともにアグレッシブに攻めていく喧嘩自慢ですが、竹原はほぼノーガードの状態ながら、巧みなディフェンス技術で翻弄し、決定打をもらいません。

そして、相手が疲れてきたのを見計らって、連打を浴びせたのです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ナイスファイトだよ

こうした"鉄拳制裁"を終え、「大丈夫?ナイスファイトだよ」と喧嘩自慢をねぎらう余裕を見せた竹原。

その姿に

  • 「これが本当の竹原なんだろーな。ガチンコの頃と全然違う」
  • 「竹原大人すぎて逆に怖い」
  • 「大病を経験されたのに、あんなに動けるなんて」
  • 「がんに打ち勝っただけでも凄いのにあの年齢でこれだけ動ける事が...尊敬しかないよ」

など、称賛の声が相次いでいました。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

「本気になればもっとボコボコに出来たはずでしたけど、さすが竹原も大人ですからかなり手加減してあげてましたね。自分は竹原の後輩の一応元ボクサーですが、あの方の強さは体感してみないと本当にわからないです。人生であそこまで強い方にあったことがないと断言できるほど強かった。対峙するとパンチがノーモーションで飛んでくるから見えないし、とにかくボディブローが殺人的に強い。さすがにガチンコの頃と比べれば力も落ちてますが、素人の喧嘩自慢レベルでは、ボクシングでも喧嘩でも、あの方にはあと10年ぐらいは勝てないと本当に思います。ガチで。元々の戦闘力がほんと違うんですよ、あの方は。」

「なぜプロボクサーがケンカすると罰せられるか。つまりはこういう事。よっぽどの規格外な化け物か圧倒的な体格差でも無い限り、素人が怪我もしくは生命の危機が有るから、勘違いしない方が良い。」

「1人目は、なかなか頑張っていた。スパー後はとても礼儀正しくなってたし、好青年でしたね。2人目は酷い。もともとの態度が酷いわりには、めちゃくちゃ弱いという。喧嘩の弱い奴のパンチ。弱い者いじめしないように懲らしめた方がよい。」

おすすめの記事