ソフトバンクがヤバい。投資グループの大失敗に加えて申告漏れも発覚

ソフトバンクグループがやばい。

ネット界隈でささやかれていた噂が、大手メディアにも波及し、すでにメッキが剥げつつあるソフトバンクがどのようにヤバいのかまとめてみました

ソフトバンクビジョンファンド

ソフトバンクグループはすでに携帯電話会社ではなく、成長企業に出資して、資金を回収するソフトバンクビジョンファンドという投資グループが事業の中心となっています。

中国最大のネットショッピングサイトに成長したアリババと創業者のジャック・マー氏を孫正義氏が見出したとする逸話は有名な話ですが、投資は所詮はギャンブルなので、当たることもあれば外れることもあります。

この話は、10年以上前のことであり、逆に言えばここ10年は目だった功績がないということになります。

ソフトバンクの10兆円規模のハイテク投資ファンド(ビジョンファンド)は、2大出資者がサウジアラビアとアブダビの政府系ファンドだが、そのうちサウジアラビアは、カショギ氏のサウジアラビア大使館での暗殺で国際的非難を浴び、先進自由主義諸国から厳しい目で見られています。

孫正義氏の慧眼に疑問符が付き始めたのは、WEWORK問題が大きいです。

シェアオフィス事業を手がける「ウィーワーク(WeWork)」のIPO計画がとん挫して以降、同社の最大の出資元であるソフトバンクには、厳しい目が注がれています。

ソフトバンクがアリババのように新たな時代をつくるIT企業と大ぶろしきを広げて宣伝していましたが、WeWorkはIPO評価額の5兆円から2兆円前後への下落。

そしてシェアオフィスというビジネスモデル自体、新しいものではないです。

Uberやairbnbのようなシェアリングエコノミーは、車や家を持たずにシステムだけを運用して利益を得ることがイノベーションだったわけですが、WeWorkは不動産を所有して貸すシステムなので、これまでにもあったただの不動産屋さんと大きく変わりません。

こうしたWeWorkの企業価値を見誤り、1兆円の投資をしましたが、大損となることは決定的。

このように企業の本質的価値を見出すことが出来なくなったことが、孫正義氏の慧眼ももう終わったといわれる所以です。

ソフトバンクビジョンファンドは数字上、儲けを出していると発表していますが、利益と発表しているもののほとんどが「含み益」であり、実現利益(換金)したわけではありません。

「投資先には、たいたいこのぐらいの価値があるでしょう。だから実質こんなに儲けているんです」といっているわけですね。

株式市場全体、落ちると含み益が含み損に変わるので、大幅な利益が大幅な赤字に転落します。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

脱税

ソフトバンクは申告漏れを国税庁から指摘されています。その額はなんと4200億円

 ソフトバンクグループ(SBG、東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、約4200億円の申告漏れを指摘されたことがわかった。2016年に約3兆円で買収した大手半導体会社の株をめぐって巨額の損失を計上したが、同国税局は損失額の一部を認めなかった模様だ。すでに修正申告したという。数千億円規模の申告漏れは極めて異例。日本IBMが約10年前に約4千億円の申告漏れを指摘(後に最高裁決定で課税取り消し)された例があるが、今回はそれを上回り過去最高額とみられる。朝日新聞

この脱税はソフトバンクの根源的な問題を象徴しています。

複雑に入り組んだ親子関係や連携などで、ソフトバンク・グループの資金やビジネスの内情はよくわからない。

意図的にわかりにくくしていて、ソフトバンクグループの本来の価値を大きく膨らませることが出来ます。

これまでのソフトバンクグループは左手で借金をしつつ、右手で利益を出しながら成長してきました。

借金をしていることは、強調されずに成長率の高さが注目され、さらに投資が集まるというメカニズム。

株主には右手を見せて投資を集め、国には左手を見せて納税額を下げる。

このマジックがすでに見破られたということが今回の申告漏れに象徴されています。

現在ソフトバンクビジョンファンドが力を入れて投資している会社はソフトバンクです。

自社株買いですね。

ファンドとしては、成長企業を見つける力はないと宣言しているようなもので、ソフトバンクグループ全体が危機的状況にあることを物語っています。

ソフトバンクはバブル崩壊後に1部上場まで成長した企業といて、日本経済にとっての希望でしたが、ここで倒れるとなると絶望しか残りませんね。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

 

ネットの声

トヨタもソフトバンクも、庶民から税金を搾り取って、自分たちの企業に蓄えた金を海外投資して儲けるビジネスモデルなわけね。投資されるアメリカも、金が流入してくるから大歓迎。

損しているのは、増税された日本の庶民だけ。

WeWork は倒産寸前。JP Morganは Adam Neumannに株を担保にお金を貸しているため、潰すわけには行かず、資金注入して上場させてなんとか逃げ切ろうとしている。そんな株、上場しても、私は買わない。どうする、ソフトバンク?

ソフトバンクは倒産とかそういう話になって来ちゃったね。
例のWeWork問題なんだけど、ただのシェアオフィス事業に1.1兆円も投資する事自体がよう分りません。
孫さんも老いたという事なのかな(*'ω'*)

おすすめの記事