Jリーグアウォーズが開かれ、横浜Fマリノス仲川輝人が受賞。

12月8日、都内で2019年シーズンのJリーグ各賞を表彰するJリーグアウォーズが開かれました。

最優秀選手賞には横浜F・マリノスの仲川輝人が選ばれ、得点王とのダブル受賞を果たした。また、ベスト11にはFC東京から最多の6人が選ばれている。

2019年Jリーグベストイレブンに選ばれたのは?

ベストイレブンは以下の通りです。

GK 林 彰洋(FC東京)
DF 室屋 成(FC東京)
DF 森重真人(FC東京)
DF チアゴ・マルチンス(横浜F・マリノス)
MF 橋本拳人(FC東京)
MF 喜田拓也(横浜F・マリノス)
MF アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)
FW ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)
FW 永井謙佑(FC東京)
FW 仲川輝人(横浜F・マリノス)
FW マルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス)

優勝した横浜F・マリノスからキャプテンの喜田選手ら4名が選出。

マリノスと最後まで優勝を争った2位FC東京からは永井や橋本ら最多の6名が選ばれています。

特筆すべきは、5度目の受賞となる森重選手以外の10人全員がベストイレブン初受賞でいずれもその活躍に疑いの余地はないが、例年にないフレッシュな顔ぶれが受賞者に並びました。

ベストヤングプレーヤー賞は川崎フロンターレの田中碧選手。
その他の賞は以下の通り。

■得点王
仲川輝人(横浜F・マリノス/15得点)
マルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス/15得点)
■ベストヤングプレーヤー賞
田中 碧(川崎フロンターレ)
■優勝監督賞(J1)
アンジェ・ポステコグルー(横浜F・マリノス)
■優勝監督賞(J2)
ネルシーニョ(柏レイソル)
■優勝監督賞(J3)
小林伸二(ギラヴァンツ北九州)
■優秀監督賞(J1)
片野坂知宏(大分トリニータ)
■優秀監督賞(J2)
下平隆宏(横浜FC)
■優秀監督賞(J3)
石崎信弘(藤枝MYFC)
■最優秀主審賞
西村雄一
■最優秀副審賞
越智新次
■最優秀育成クラブ賞
京都サンガF.C.
■最優秀ゴール賞
ダビド・ビジャ(ヴィッセル神戸)
※J1第17節、名古屋戦のゴール
■フェアプレー賞高円宮杯
FC東京
■フェアプレー賞(※反則ポイントの少ない順)
◎J1:サンフレッチェ広島、大分トリニータ、セレッソ大阪、ベガルタ仙台、名古屋グランパス、ガンバ大阪、松本山雅FC、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ、清水エスパルス、ヴィッセル神戸、浦和レッズ
◎J2:ファジアーノ岡山、愛媛FC、東京ヴェルディ、栃木SC、ヴァンフォーレ甲府、大宮アルディージャ、京都サンガF.C.、アルビレックス新潟、FC琉球、モンテディオ山形、V・ファーレン長崎、FC岐阜、横浜FC
◎J3:セレッソ大阪U-23、ブラウブリッツ秋田、アスルクラロ沼津、AC長野パルセイロ、ガイナーレ鳥取、ロアッソ熊本、ザスパクサツ群馬、カターレ富山、カマタマーレ讃岐、ギラヴァンツ北九州、ガンバ大阪U-23、FC東京U-23、ヴァンラーレ八戸
■フェアプレー個人賞
※該当者なし
■功労選手賞
小笠原満男(鹿島アントラーズ)
川口能活(SC相模原)
中澤佑二(横浜F・マリノス)
楢崎正剛(名古屋グランパス)
播戸竜二(ガンバ大阪)
巻誠一郎(ロアッソ熊本)
森崎和幸(サンフレッチェ広島)
アレックス(カマタマーレ讃岐)

このようになっています。

E―1(東アジア選手権)で日本代表メンバーが韓国に遠征しているため、中継を韓国と繋ぎながらのJリーグアウォーズとなりました。

https://twitter.com/J_League/status/1203653533830041600

MVPは横浜Fマリノスの仲川輝人

仲川輝人選手は川崎フロンターレユースからJリーグに昇格できず専修大学を経て横浜Fマリノスに加入。

2018年にJ1でレギュラーになった遅咲きの選手です。

裏に飛び出すスピードと身体能力の高さを活かしたドリブル、両足での多彩なシュートで得点を量産してE-1選手権に出場する日本代表にも初選出されています

27歳で、これから海外移籍は難しい年齢でプレースタイルはベルギーリーグでブレイク中の伊東純也選手と酷似していることから、日本代表に定着するのは難しいミッションかもしれません。

良い選手は海外に億単位の年俸で続々と移籍していくことが続いているJリーグにも仲川輝人選手のような遅咲きのタレントがいるということはポジティブなことですね。

日本代表での活躍にも期待しましょう!

ネットの声

与えられた役割によって、ガツンとブレイクすることだってあるのさ!という例として仲川は最適な具体例なのかもしれんな

去年までJリーグ全く興味なかったけど、イニエスタやビジャなどのビッグネームに惹かれて試合を見にきたら、スタジアムの雰囲気自体にハマり、結局一年間ホームの試合をほぼ毎試合観戦しにきてた。
こういう流れでヴィッセルやJリーグにハマった方はいっぱいいると思う!

以前のアウォーズはもっと厳かで選手ファーストだった。
前回優勝時に行った時は、ああ、タイトル取ったんだという感動と特別感があった。
今は誰のためのイベントなの?
電通と吉本のズブズブ安いお笑いショーみたいでサッパリ感動できない。

今年のJリーグアウォーズは控えめに言ってもひどいの一言。

イニエスタの所属をFC東京と言う人をプレゼンターで呼んだり、サッカーは全く見ません発言の芸人?を呼んだりと酷すぎる。

関係者は猛反省してほしい。

さらに…
次のプレゼンターは横浜F・マリノスを横浜マリノスと呼ぶ…
もう無茶苦茶…

おすすめの記事