サッカーJ2の町田ゼルビアがチーム名を「FC町田トウキョウ」に変更する届け出をJリーグに提出し、承認を受けていたことがわかりました。

J2の町田ゼルビアは東京・町田市を拠点とするクラブで、去年、大手IT会社のサイバーエージェントが筆頭株主になり、経営権を取得していました。

東京ブランドによるスポンサー獲得とホームスタジアム移転

町田ゼルビアは首都東京にあるクラブという側面と、都心郊外にある「町田」に愛着を感じる地元民をサポーターにしてきたクラブという二つの側面があります。

サイバーエージェントの藤田社長は前者の東京にあるクラブという点を評価して10億円以上ともいわれる資金で買収したわけですから、今後のベクトルが町田から東京へ向かうのは当然。

そして、東京にあるクラブであることがブランドがあり、国際的にも価値を持ちますね。

また、サイバーエージェントの本社は渋谷区にありますが、渋谷の代々木公園にはサッカー専用スタジアム建設のプランがあります。

町田ゼルビアが本拠地としている野津田陸上競技場は「登山」といわれるほどアクセス面が悪く、収容人数も1万人程度と魅力はほとんどありませんし、このスタジアムをホームにしている以上はJ1に定着できるチームにはなりようがありません。

藤田社長は町田市からのホームタウン移転は否定しており、練習場には多額の費用をすでに投入しています。

一方でスタジアムに関しては明言していませんので、練習場は町田で行い、試合は渋谷かもしくは新国立競技場で行うという将来的なビジョンがあることから町田だけではなくトウキョウもチーム名に入れたと予想されますね。

一方で見通しが甘いという見方もあります。

だいたいJ1の昇格には年間予算20億円が必要で、残留には30億円が必要というのが定説ですが、これは全体の平均値をとった値であり、チームを個別に見ると大きな予算でも上手くいかないチームもあれば、小さい予算でうまいことやっているチームもあります。

60万人の町田に人口2000万人の東京をホームタウンに加えると上手くいくと普通の感覚では思うでしょうが、実際Jリーグの常勝軍団は人口6万人の鹿島市をホームタウンとする鹿島アントラーズであり、単純なものではありません。

サポーターミーティングでサイバーエージェントの藤田社長が示した今後のビジョンですが

こんなにうまくいくはずはありません。

このような何年後までに優勝のゆな目標を掲げたチームがそれを成し遂げた例は見たことないですね。

これを目標として掲げているだけなら良いですが、実現できると踏んで計画を立てているなら危ないと思います。

町田ゼルビアの2018年の予算は7億5000万円とJ2でも下から数えた方が早いですが、純資産が10億円あって、サイバーエージェントに売却したので財務体質はJ2トップクラスに良いです。

リスクを取ることが出来る状況ですし、サイバーエージェントの舵取りに期待したいですね。

ゼルビアを外すことのセンスのなさ

心配なのはネーミングセンスが悪いことです。

東京町田ゼルビアではチーム名が長くて覚えにくいと藤田社長は説明していましたが、個人的にはまったくこれで問題ないと感じました。

北海道コンサドーレ札幌やジェフ市原千葉、ザスパクサツ群馬など、二つのホームタウンをチーム名に持つクラブはJリーグにはあって、違和感もありません。

なぜなら、コンサドーレ、ジェフ、ザスパと都市名以外でチーム名を呼ぶことが多いからです。

町田ゼルビアは町田市民にとっては町田を代表するクラブであり、町田ゼルビアのことをサポーターはとくに町田とは呼びません。

住んでいる自治体の名前で呼んでも町田ゼルビアのことを指しているとは思いにくいですからね。

ですから、町田ゼルビアをこれまで支えてきた地元サポーターにとっては「ゼルビア」が愛称なので反発はあって当然なのかなと思います。

FC町田トウキョウでは、町田ゼルビアのサポーター以外は町田と呼ぶでしょうが、サポーターは町田と呼んでも、東京と呼んでもJリーグのFC町田トウキョウを指しているとは思えないでしょう。

FC東京は別のチームですし、サッカーファンからすると「ネーミングセンスねー」というのが本音ですね。

「ゼルビア」をチーム名ではなくてもサッカー女子日本代表がなでしこjapanと呼ばれているように愛称として残していくのも一つの解決策ではないでしょうか。

サイバーエージェントのような新興企業がサッカー界に新風を起こしてくれることは大歓迎ですし、東京23区内にJリーグのチームが無いことは、大きな問題でしたから、渋谷のスタジアム構想も上手くいってほしいです。

ヴィッセル神戸の三木谷社長が100億円予算のチームに成長させても、J1上位にすら入らないのがサッカーの面白いところであり、難しいところです。

FC町田トウキョウのネーミングセンスを見ても、経営者としては藤田社長は優秀でもサッカーに対しての理解はないのかなと思うので、信頼できるサッカー界のアドバイザーが右腕としてサポートしていかなければ、ヴェルディのように移転して失敗するリスクもありますね。

ネットの声

FC東京とFC町田トウキョウって名前が被る
面倒だから
町田はゼルビアっていいつづける

町田となると全国的に何処?となるからわざわざ「トウキョウ」と入れたのかな?と思ったりします。
逆に東京を入れずに町田のみし、強くなれば町田と検索する人は増えるのではないか?と思う。
FC東京もFC調布、ガンバ大阪もガンバ吹田の方が個人的には好きで、地元民からしたら嬉しいですよ。きっと。

質疑応答1人目の質問者「FC町田トウキョウっていうクラブ名、クソダサいなと思います」(会場拍手)

町田に一足はやく、嵐が来襲か。FC町田ゼルビア→FC町田トウキョウへ。スター経営者の藤田晋氏が決断したんだから、ただのサッカー・バカより正しい経営判断のはずだが、ブランディング・マネージャをクビにした方がいいのは明らか。町田トウキョウじゃ、地名ばかりで、どこにもキャラクターが...

ちなみにドイツブンデスリーガの名門FCバイエルンミュンヘンは、バイエルン州ミュンヘン市が由来なので、以外に馴染むのかなという気もします。

おすすめの記事