ロシアのウクライナ侵攻の狙いはウクライナ東部のシェールオイルか?

ウクライナの天然ガス事情であるが、先ず70年代からウクライナは欧州でも有数の天然ガス産出国であり、まだソ連邦の一部であった75年のピークには、年産651億m³を産出する純輸出地域だったとの記録がある。その後次第に生産量が減少し、2012年ごろには黒海でのガス田を中心に年産120億m³の水準にまで落ち込んでいて、現在ウクライナは天然ガスの純輸入国になっています。

アメリカがウクライナにシェール革命をもたらす計画を阻止しようとしたプーチン

ソ連邦の解体とウクライナの独立に続く西側傾斜を受けて、ロシアがウクライナへの天然ガス価格を大きく引き上げるという確執が始まった。ウクライナとロシア間のガスを巡る対立から、ロシアが06年と09年の2度にわたり、ウクライナ向けガス供給を停止したことから、同国を経由するEU向けガス供給も止まることになり国際問題となっています。14年のクリミア紛争以降、ウクライナはロシアからの直接輸入を止め、ロシアから一旦西欧に輸出されたガスを再輸入するという変則的な形でガスを調達し、一方ロシアはウクライナを迂回して直接西欧にガスを送るパイプライン、ノルドストリーム1,2やトルコストリームを建設して、ウクライナ離れを加速してきたという背景があります。

天然ガスをめぐりウクライナとロシアとの対立が続く中、2000年代に入って状況を一転させる可能性のある事態が生じます。2005年前後から米国で、地下深くの頁岩層に溜まる天然ガスを、水圧破砕(フラッキング)という新技術で経済的に取り出す技術が実用化され、米国におけるシェールガス開発ブームが起こった。その結果、今や米国は世界一の天然ガス産出国になっている。米国エネルギー情報局(EIA)の推計によると、ウクライナは欧州においてフランス、ポーランドに次いで3番目に大きな埋蔵量があるとされ、1.2兆m³の埋蔵量が期待されている。また、ウクライナの豊富なシェールガス埋蔵量の約7割が、ウクライナ東部、まさにロシア系住民が多く、今回の戦争の中心となっているドネツク州、ルガンスク州地域に集中しています。

世界中を敵に回した軍事作戦でこれらの東部地域だけでも領有権を持ちたいロシアの狙いとロシア系住民も多く、大した面積もなく陥落寸前の東部地域にこだわるウクライナとそれを応援するアメリカの狙いもこのシェールガス埋蔵量で;ひおj

シェールガス産出技術を持つアメリカが、ウクライナのガス資源開発を支援し、ロシアの迂回で空きの出る同国のパイプラインを経由してEUに輸出するということが起きれば、ロシアによるEUへのエネルギー依存を弱めることに繋がり、さらにはウクライナのEU経済圏への組み込みが成功。

実際に2014年、バイデン大統領の息子ハンター・バイデン氏はウクライナの国営天然ガス会社ブリスマに年間100万ドルのコンサルタントとして入社。同年4月に当時の副大統領である父親がウクライナを訪問し、ブリスマの幹部と会った。それから1カ月もしないうちに、有利な契約が転がり込んできたという汚職疑惑もあります。

これがプーチンがもっとも恐れたシナリオだったのかもしれません。しかし、結果的にはEUは自らロシアのエネルギー依存を改め、フィンランド、スウェーデンもNATO加盟を希望するオウンゴールとなってしました。

ネットの声

バイデンの息子がウクライナとズブズブの関係にあること、アメリカ人以外(ウクライナ人とロシア人)が兵器の大量消費をしてくれること、ロシア産ガス、原油を売れなくすれば自国のシェールが売れる。アメリカが止めるわけないですよ。ウハウハじゃないですか

ロシアがウクライナに戦争を仕掛けた理由が「ウクライナ独自のシェールガス田開発阻止にある」という論説を読んで初めて今回の件合点がいった。

Twitterでフォローしよう

pick up