志村けんが教えた新型コロナウイルスの危険性。

3月29日、タレントの志村けんさん(70)が、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。遺体はすぐに火葬され、遺族は骨を拾うこともできなかったという。

ガールズバーをはしごしていた志村けん

志村さんが最後に仕事に臨んだのは3月10日、『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)の収録だった。その日の夜も、志村さんは街に繰り出した。

「何軒かハシゴした後、麻布十番にある行きつけのガールズバーに顔を出しました。志村さんがもう10年以上通っていた、大のお気に入りの店です。その夜もいつもの調子で愉快に焼酎を飲んでいましたが、その日の来店が最後になってしまった」

新型コロナウイルスの症状は、体内に入ったウイルスの量に比例して症状が重くなることが研究によって明らかになっています。

そのため、例えば、マスクを通して侵入した微量のウイルスであれば、無症状で治ってしまうが、大人数で密室で長時間会話をしてウイルスを定期的に多量に浴びてしまうと体内からウイルスが排出しきれずに重症化して死に至るとのことです。

密室、密接、密集を避けるということがスローガンとなっているのは、科学的に正しいということです。

志村けんさんの死から、もう一つ学ぶことがあるとすると、大多数が軽症で罹患しても働き続けることができる若者と、持病がある高齢者が交わることは危険だということです。

日本の新型コロナウイルスの死者は基本的に60代以上の高齢者で男性が7割となっています。

若者の感染者が増加しても重症者は増加せず、重症化するのはやはり高齢者がほとんどなので、新型コロナウイルスの蔓延が収まるまでは、高齢者と若者が長時間近距離で接することを避けるだけで死者数はかなり減らすことができるでしょう。

東京が感染者が増えているからといって、田舎に帰って祖父母に移してしまうのが最悪なパターンです。

ネットの声

ティックトックに志村けんの動画が毎日出てくる、、
いや、志村けんは大好きなんやけどさ、動画見る度に泣きそうになるし悲しいけあまり載せないで欲しい、、、
特にパンくんとの動画とか、、

志村けんの追悼番組のビデオが息子のお気に入りに。変なおじさん、だっふんだ!あかまむしぃ〜と覚えて欲しいようなほしくないような言葉を沢山吸収してる。あーーやっぱ悲しいなぁ。。。

日本中悲しみに暮れていると思うけど、だからといって、それと自分の不安を重ね合わせて感情的になり、他者を攻撃したりするのはやめようぜ。正義ってのはそれぞれの心に秘めたるもので、すべてが同一じゃないし、ましてや誰かに振りかざすものじゃない。きっと志村けんはそういうの嫌いだと思うから。

おすすめの記事