【衝撃】10台前半では自殺が死因の第一位に!

厚生労働省がまとめた、2017年の人口動態統計で10~14歳の死因の一位が自殺となりました

近年では、国内の自殺者の総数が大きく減少していく中で10代前半の自殺が増えていることに

関係者の間では衝撃が広がっています。
不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

10代前半の死因の実態

今回公表されたデータでは、17年に自殺した10歳から14歳までの子供は100人ということです。

これは、この年代の死因の22.9%にのぼる数字です。

2位は、がんで99人(全体の22.7%)、3位は不慮の事故で51人(全体の11.7%)となりました。
不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

データの推移を考察してみると…

人口10万人あたりの10歳から14歳までの志望者数の推移があります。

これによると、1996年の931人から2017年の437人まで右肩下がりとなっています。

唯一2011年のみ増えているのは東日本大震災の影響です。

さらに自殺と自殺以外の死因を調べてみました。

そうすると、自殺以外の死因は、不慮の事故も含めて確実に減っています。
不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

自殺者は増加傾向に

View this post on Instagram

【逃げて良いよ。だから、自殺はやめとこ。】 ・ 弟の同級生が自殺した。 その子は、まだ17歳だった。 ・ この投稿を読んでいるあなたの頭の片隅に 置いておいて欲しいことがある。 ・ 【 自殺を考えるほどツライことが起きたら、全力で逃げていいよ 】ってことを。 ・ もう生きる気力がなくても、いつか『 やっぱり、生きたい。 』 って思える日が来るまで呼吸して、まばたきしてるだけで良いから。 ・ それが、1年後でも10年後でもいつになっても大丈夫。 だから、生きていて欲しい。 ・ ********** ・ 昨晩、お母さんが突然私の部屋に来て、私のことを抱きしめながら ・ 『●●(弟の友達)が自殺したって。お願いやから自殺だけはやめて。』 『自分の子供が死んだところなんて見たくない…』 ・ って、泣きながら言った。 気付いたら私も一緒に泣いてた。 ・ ********** ・ 私は、若い子が自殺したという報道を見る度に動揺する。 ・ そして、若い子の自殺って、私達 “ 大人の責任 ” だと思う。 ・ だって、普通に今の日本社会で生きてたら 大人になっても全然楽しくなさそう...って 私が10代だったら思うと思う。 ・ むしろ『苦悩と不安』が人生の 大部分を占めているイメージ。 ・ 死にたい程ツライ思いをしている高校生が 希望が欲しくて未来を想像した時に 『苦悩と不安』を想像してしまったら 自殺が選択肢に入ってしまうのも納得出来る。 ・ 死ぬ道しかないように思わせてしまう 社会を作ってごめんね。。 ・ そう考えた時に、若い子達より人生経験のある私達が 【大人になることはめっちゃ楽しい】ってことを 心の底から思えるように行動と背中で 見せてあげられたらって思った。 ・ ・ あと【今、自分が生きている世界が全てじゃないよ】 ってことだけは亡くなった子に教えてあげたかった。 ・ 多くの高校生にとって、今所属している 家・学校・部活・バイト等のコミュニティは 世界の全てのように感じるんじゃないかな。 ・ 仮に、その小さな世界の中で物事が上手くいかなかったら 『将来もずっと上手くいかないんじゃないか...』 って、錯覚に陥る可能性もあると思う。 ・ だからこそ、もっと『外の世界』を見て欲しい。 ・ 『外の世界』は、自分が所属しているコミュニティ以外の場所ならどこでも良い。 ・ 国内・海外問わず、自分の居心地が良い場所はきっと存在するから。 どれだけ探してもないなら、自分で場所を作れば良い。 ・ 私も中学生・高校生のとき周りの人と合わなくて 自殺願望があったし、学校に行けなくなった日もあった。 ・ 新卒入社した会社では、人間関係も仕事も上手くいかなくて 入社後たった6ヶ月で逃げるように退職したこともある。 ・ それでも、今は毎日楽しく過ごしてる。 ・ 当時、社会に適応出来ない『自分がおかしい』と思ってたけど、 実際は自分が居るべき場所じゃなかっただけ。 ・ 私は、去年の4月末に仕事を辞めてから貯金を使って 好きな人達と好きなことだけをして生きてる。 ・ そんな生き方をしても大丈夫。 自分がそう生きたいなら、生きれば良い。 何か言ってくる人は無視でOK。 ・ とにかく、生きづらく感じるなら 社会に適応しなくて良いよ。 ・ 個性を出せと言われたり、同調を求められたり。 良い仕事に就けなかったと悲観して自殺する人もいれば 良い仕事と言われる職に就いて、過労死する人もいる。 自殺者毎年3万人に、うつ病患者100万人超。 ・ 冷静に考えて、異常。 ・ 昔、外人さんに日本の労働環境のことを質問されたことがあって 新卒入社した会社のこと、そこを6ヶ月で退職したエピソードを話したら ・ You are CRAZY! If I was you, Just 6 hours! ( 君、狂ってるね!もし僕が君なら 6時間で退職する!) って、笑いながら言われた。 ・ 日本社会の中では 『逃げるのは悪』 『過酷な状況で頑張って働いてる人が偉い』 みたいな空気感がある。 ・ でも、世界には『If I was you, Just 6 hours!』 って言ってくれる人とそれが普通な社会も存在する。 ・ だから、今自分が居る場所が『 世界の全て 』だと思わないで。 ・ 人生の中で何を選択するかは自由。 みんなに合わせる必要は1つもないよ。 ・ 【 自分はどうなれば幸せな気持ちになれる?】 ドン底で死にたい時は、それだけ考えて。 ・ それが、もし今いる環境から逃げることだったら 全力で逃げて大丈夫。 ・ どうせ死ぬなら、逃げて違う世界の楽しさを 存分に味わってからでも良くない? ・ だから、どれだけしんどくても 死ぬのはもうちょっと後にして欲しい。 ・ アラサーの独り言やけど 『こんな考え方もあるんだ...』って 頭の片隅に置いといてくれたら嬉しいです。 ・ ・ #子育て #育児日記 #子供 #教育 #小学生 #中学生 #高校生 #大学生 #失恋 #仕事辞めたい #就活 #転職 #仕事 #発達障害 #自由 #頑張る #努力 #勉強垢 #受験生 #失敗 #つらい #死にたい #自殺 #家族 #親子 #兄弟 #姉妹 #友達 #姉妹 #ファインダー越しの私の世界

つゆ子さん(@tsuyukofficial)がシェアした投稿 -


病気による死亡者が減れば、自殺者の数字が目立つことになるのですが、

実際の10歳から14歳の自殺者の推移を見ると、ジグザグを繰り返しながら増加傾向にあるのです。

ちなみに、日本人の自殺者は32,000人を超えた2003年をピークに年々減少を続けています。

そして、2017年には20,465人にまで減少しているのです。

もっとも、10代前半に限ったことではなく、20代では死因の5割が自殺者となっています。

病気にかかりにくい時代になった背景もあるかもしれません。

社会に出た20代と、義務教育中の10代前半では比較対象が難しいのが現状です。

しかし、10代前半の自殺者の増加は、国の責任問題でもあるので抜本的な改革が望まれます。

また、完遂せず未遂歴も数も増加傾向にあるということで、

自殺を図っても死にきれなかった自殺未遂者の実態の究明も必要です。

ネットの反応

他の死因が減少しているのだろう

社会不安が増大しているせいだ

いじめの問題が大きいのでは?

多感な世代であり、やはり義務教育中の世代でもあるので国の責任として

しっかりとしたケアが必要なのは間違いありません

また、いじめの問題も無視することができず、学校を通じて、

いじめ対策にもこれまで以上に本腰を入れた対策が望まれます。

いずれにしても、学校や家庭で子供の声にならないSOSを

普段からの様子をしっかりと観察しながら見定めなければいけません。

おすすめの記事