DAZNが1000円以上の値上げ!ドコモユーザー歓喜…dアカウントを作るという手も…

DAZN「1925円→3000円」大幅値上げに悲鳴続出 「月1000アップは痛い」「高すぎて辛い」

スポーツ動画配信サービス「DAZN」の料金プランが改定されます。

KDDI(東京都千代田区)は2022年1月21日、auでDAZNの月額プランを契約しているユーザー向けに、月額料金を1925円(税込み、以下同)から3000円に値上げすることを通知しました。

DAZNもこうした価格改定などを伝えるメールを利用者に送付。

ツイッター上のスポーツファンからは「月1000アップは痛い」「えげつないわ」と動揺が広がり、割安な年間契約に乗り換える動きも出ています。

月額1925円から3000円に変更

DAZNは16年にサービスを開始。

サッカー・Jリーグや欧州主要リーグ、プロ野球、モータースポーツなどの試合中継を定額制で楽しめます。

現在は月額1925円の月額プラン、年1万9250円の年間プランのほか、Jリーグクラブとコラボした年間視聴パス、au、ドコモのキャリアユーザーが契約できる月額プランなどがあります。

ツイッター上では1月21日、auでDAZNの月額プランを契約しているユーザーの間で、料金を改定する通知が届いた、とする投稿が相次ぎました。

通知によると、料金は月額1925円から3000円に変更。

2月22日から順次適用となります。

au向けプランの特典だった、請求金額からの月110円割引について変更はありません。

割安な年間契約に

KDDIの広報担当者は21日、J-CASTニュースの取材に対し、ユーザーに通知を送ったのは事実だと答えました。

DAZNのPR担当者は同日、取材に「価格改定を行う」としつつも、詳細については「アナウンスを後日行う」と説明したのです。

プランの値上げを受け、ツイッター上のスポーツファンからは「高すぎて辛い」「月1000アップは痛い」「えげつないわ」と悲鳴のような声が続出。

駆け込みで、割安な年間契約に乗り換える動きも出ていました。

「今後もより一層プレミアムなスポーツ体験をお届けするため」

DAZNも利用者に向けて価格改定を知らせるメールを送付。

2月22日から月額プランを1925円から3000円に値上げするほか、年間プランの価格も1万9250円から2万7000円に変更することを伝えました。

価格改定の理由は「今後もより一層プレミアムなスポーツ体験をお届けするため」としています。

また、一括払いだけだった年間プランでは、新たに月額2600円(年3万1200円)で利用できる「月々払い」を新設するとしました。

伊集院光もツイッターで反応

伊集院光が21日、自身のツイッターで、スポーツ動画配信サービス「DAZN」の大幅値上げに仰天しました。

1,000円以上の大幅値上げに、さすがの伊集院も「DAZNすげえな、えげつないや」と仰天。

さらに「他社をやっつけて、独占状態に近くなったら値上げは、もう王道のやり方なのだろう」と連続投稿。

「これがうまくいかなくて、撤退なんてことになったら、焼け野原だ」と言い放ったのです。

これにはフォロワーから「値上げ幅にビックリしました」「単純に野球ファンの裾野を狭めてしまいそうで悲しいです」「今後継続するか考えちゃいますね」と同調する声が相次いでいます。

ネットの声

「DAZNは高い金額をとっておきながら、現場の中継スタッフが潤うほどの予算を落とすことも無く誰も幸せにしていないので、今回の値上げが低予算に苦しむスタッフや関係者にまで届くのであればとは思うが、日本のプロスポーツ界を食い荒らして衰退させ旨味が無くなったところで捨てるような気がしてならない…」

「大手スーパーが出来てセール続けて、耐えられない街の小売店潰して敵いなくなって客がスーパーでしか買えない状態にしてから平均より高めで売るやり方、本当に王道ですね。」

「何でもそうだけど、競合他社を駆逐しちゃったら好き勝手し放題。適切な競合他社があるのが利用者にとっても理想的なんだが」

banner
おすすめの記事