モデルの堀田茜が世間の風潮に物申す!!

クリスマスや正月といった特別な日に”ぼっち”でいる人は寂しい!?

世間からバカにされることに苦言を呈す。

 

 

[media-groove]

 

クリスマスは1人・・・バカにする風潮に堀田茜が苦言

 

 

モデル、タレントとして活動する堀田茜(26)が

 

クリスマスや正月などの特別な日にぼっちであることに対し持論を述べ話題に。

 

一方、芸人・いとうあさこから鋭い指摘も。

 

 

堀田茜

<出典:Twitter@kazami_tori>

 

 

12月25日に放送された『超踊る! さんま御伝』では特別スペシャルと言うことで様々な分野の芸能人が出演。

 

クリスマス当日の放送ということもあり、芸能人が各々のクリスマス思い出を語るなか、

 

お笑いコンビ・尼神インターの鹿島渚(34)から、相方の狩野誠子(30)に関するエピソードを暴露。

 

「絶対に何の予定もないのに、イブに休みを取っていた」

 

 

と恥ずかしすぎる話が披露されると、誠子も事実を認め

 

「何の予定もないけど休みにしてもらいました」

 

 

と笑顔。

 

 

 

 

しかしこのエピソードに周囲の出演者からは「もしもなにもなければ最悪」と苦言。

 

収録日的にクリスマスは後日であるため、焦った誠子はとっさに明石家さんま(63)に対し

 

「さんまさん、家行っていいですか?」

 

 

と懇願する展開が。

 

 

 

 

流れから堀田茜のクリスマスの予定が尋ねられると

 

「わかんないですけど、こだわりない。誕生日も正月も1人でいい。365日普通の日」

 

 

と記念日に対する観念があまりないと衝撃の事実を暴露。

 

 

[media-groove]

堀田茜「誕生日プレゼントいらない」に、いとうあさこ「本当の孤独…」

 

 

クリスマスや正月といった特別な日に興味がないと語った堀田茜。

 

珍しい考え方に出演者たちは驚くばかり。

 

 

 

 

さらにアニバーサリーに1人でいることに対し「寂しい」とする世間の風潮に苦言。

 

「クリスマスに1人が寂しいっていう世間の風潮がイヤ」

 

 

これにはさんまから

 

「モテてきたからや」

 

 

と指摘されるものの、堀田はさらに

 

「誕生日プレゼントなどもいらない、毎年1人で過ごしている」

 

 

と強気の弁を語ると、芸人・いとうあさこ(48)から

 

「本当の孤独を知らないんじゃない?」

 

 

と鋭い指摘がされる一幕も。

 

 

[media-groove]

堀田茜の持論に共感した視聴者から称賛の声

 

 

堀田茜の持論にスタジオでは引き気味な出演者が多かったものの

 

視聴者からは共感する声が多数寄せられました。

 

 

 

 

クリスマスに1人でいることを「クリぼっち」と称し蔑むような世の中に異議を唱えた感じですね。

 

 

 

 

一年間の行事全てを祝っている人はいないはず……。

 

 

 

 

 

 

独り身の方も多い昨今。

ぼっちでいることがイコールで寂しいという風潮も変わってくるかもしれませんね。

おすすめの記事