やっぱりマジだった?武漢ウイルス研究所職員が2019年11月に入院していた。コロナ起源は武漢ウイルス研究所か!

中国の武漢ウイルス研究所(WIV)に所属する3人の研究員が2019年11月に、病院での治療が必要になるほどの体調不良を訴えていたことが分かった。これまで公表されていなかった米情報機関の報告書から明らかになった。新型コロナウイルスが同研究所から流出した可能性についてより詳細な調査を求める声が高まる可能性もある。

アメリカは本気で武漢ウイルス研究所からの流出を追及する構え

トランプ前米政権は退任直前、新型コロナなどの病原体を研究するWIVの複数の研究員が「新型コロナと季節性の通常疾患両方の症状」を訴え、19年秋に体調不良に陥ったとする国務省の情報を公表していた。親中派と一部で揶揄されていたバイデン大統領になってからも対中強硬路線はむしろ強まっており、武漢ウイルス研究所からの流出説を追求する動きは加速しています。今まで暴露しなかったことはアメリカのコロナ対策のトップであるファウチ氏が武漢ウイルス研究所に関わっていたりするので、ウイルス研究への規制を恐れていたからだと思います。ウイルス学者も世論の反発を恐れました。しかし、もうワクチンができて効果も出ているので暴露してもいいという時期に来たと判断したのでしょう。欧州もこの動きに追従する動きを見せており北京オリンピックへの影響は必須。

今回は、新型コロナの発生源を巡る調査の次の段階について世界保健機関(WHO)の意思決定機関が協議する直前に、不調を訴えていたWIV研究員の数やその時期、通院していた事実などが明らかになった形だ。WIVに詳しい現旧の米当局者らは、今回の情報を評価する上で裏付けとなる証拠を巡り異なる見解を示している。ある関係者は、国際的なパートナーから得た情報で、重大である可能性はあるものの、さらなる調査や実証が必要だと述べた。一方、もう1人の関係者は情報がより確実なものだとし、「さまざまな情報源から入手した情報で極めて質が高いものだった。非常に正確だった。体調不良に陥った理由については詳細がなかった」と指摘した。19年11月は、多くの疫学者やウイルス学者が、パンデミック(世界的大流行)の原因となった新型コロナウイルスが武漢で広まり始めたと考えている時期にほぼ相当する。また多くの研究者はウイルスがコウモリ由来である可能性が高いと考えているが、WIVはコロナウイルスを保有するコウモリに関する広範囲に及ぶ研究を巡り、生のデータやセキュリティーログ、研究所の記録を共有していない。中国政府は国内の研究所からウイルスが流出した可能性を繰り返し否定している。

ネット上では武漢ウイルス研究所からの流出説は、陰謀論扱いでテレビや新聞メディアは日本では報じていませんが、アメリカは大手新聞や国会で取り上げており、コロナ渦が終わった後には莫大な賠償金を請求する可能性が高まっていて、中国政府が応じる可能性が低いことから戦争につながるリスクがでてきており、米中の間に位置する日本にとってはいい迷惑ですね。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

米国が第二次世界大戦で出した死者は42万人です。使ったお金は現在の金額で4兆ドルです。コロナで出した死者は60万人、経済的な被害は30兆ドルです。米国はこの請求をしないと思っている人は歴史を一から勉強し直した方がいい。米国は良くも悪くもジャイアンです。親分です。これで何もしなかったらパックスアメリカーナが終了します。どんな小さい国も米国のいうことを聞きません。

おすすめの記事