アストラゼネカ製ワクチン 日本政府、台湾へ一部提供

英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、日本政府が調達分の一部を台湾に提供する検討をしていることが分かった。台湾はワクチン調達が進まず中国と摩擦を起こしており、日本からのワクチン提供により、中国に対抗する狙いもありそうです。

台湾は重要パートナー?

ロイター通信などによると、台湾はアストラゼネカ社、米モデルナ社と供給契約を締結したものの、供給不足で接種が進まず、感染が急速に拡大。台湾は米ファイザー社と共同開発した独ビオンテック社とも交渉を進めていたが、蔡英文総統は26日、「中国の介入のために今も契約ができていない」と中国当局の妨害があったとしている。  日本政府はアストラゼネカ社と1億2000万回分の供給契約を締結。21日に薬事承認し、同社は9000万回分を国内生産する方向だ。欧州でごくまれな副反応として血栓症が報告されたことから、国内での使用方法は定まっていない。  政府は国内外での活用を探っており、台湾への提供について具体的な手法の検討に着手。アストラゼネカ社との供給契約には、接種後に健康被害が起きた場合の賠償を日本政府が肩代わりする内容が含まれているため、台湾に提供した場合の責任の所在が課題となる。  

政府はさらに、世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(37カ国・地域を担当)を通じて太平洋の島しょ国にアストラゼネカ製ワクチンを提供することも検討。世界中の途上国などに提供する国際枠組み「COVAX(コバックス)」と合わせ、3ルートでの調整を急ぐ。

台湾ではアストラゼネカワクチンのみが承認されており、日本ではアストラゼネカ社のワクチンは国内生産の目途が立っていて、確保した分は期限内に打てない可能性も出てきていました。台湾は日本の安全保障において重要な地域で中国の軍事的脅威が増している中で台湾と関係を深めていく狙いもあるでしょう。

一方で台湾は中国の影響力が大きく関わっていて、いまは味方でも長期的には中国に従属する道を選ぶかもしれない国ですから深入りするには注意が必要です。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ネットの声

台湾が承認している唯一のワクチンがアストラゼネカ。中国製ワクチンではない。
日本がマスク不足の際、ジャンボジェット機2機分のマスクを台湾から受領、恩返しは必要だ。

独ビオンテックのワクチン購入契約で最後に妨害を受け「中国の介入で契約できない」と蔡英文台湾総統。中国外交部は「台湾は本土からワクチンを入手するのはスムーズだ。コロナを利用し独立を企てるのは破壊の道」と批判。

おすすめの記事