2018年10月24日から12月まで開かれる臨時国会で、海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律(再エネ海域利用法)が制定されました。

「海洋再生可能エネルギー発電」とは、海洋における再エネを活用して電気を生み出す発電方法のこと。その中でも洋上風力発電は、近年ヨーロッパで導入とコスト低下が急速に進んでおり、注目を集めています。

洋上発電のメリット

地上で風力発電をするよりも巨大な発電機を作ることが出来て、地上よりも風も強いです。

また、騒音被害が住民にないというのもメリットになります。

これまで海上の利用に関する法律が無かったため、日本はヨーロッパに比べて洋上発電は遅れていましたが、本格的に動き出した形。

本来、日本はまわりを海で囲われていて海上の風も強いので洋上発電には適している環境にあります。

また、洋上風力発電の機械をこれまで輸入に頼っていましたが、現在では日本メーカーが頑張ったので、約半分の洋上発電が国産となっています。

日本の技術で日本の自然環境で発電するので、洋上風力は自前発電になります。

原子力発電の量を福島第一事故以来減らし、火力発電が大半を占めて、石油の輸入に依存している日本は、エネルギ安全保障に問題を抱えているので、洋上風力が増えるのはよいことですよね。

今後は東南アジアでの電力需要増加が確実なので、海に囲まれた東南アジアの発電にも一役くことも出来ます。

日本国内の大型風力発電機メーカーには輸出も積極的に行う例が見られていますね。

コスト面でも地上の風力発電よりも、コスパが高いですし、全国に海外でも洋上風力が普及して、日本メーカーが輸出を勝ち取ることができると、大量生産でスケールメリット(規模の経済性)が生じるためにさらにコストダウンできます。

地震が起きた時に海底ケーブルが断線するというリスクもあります。

洋上発電でどれだけの電力が賄えるのか

2018年の日本国内の自然エネルギーの全発電量に占める割合は17.4%で、水力発電が8%、太陽光発電が6%となっていて、太陽光発電は政治的に民主党政権時に投資したいため4年で3倍に増えています。

しかし、今年、太陽光発電の自家発電買い取り制度を見直ししたので、太陽光発電はこのあたりが限界と政府は踏んだのでしょう。

では肝心の風力発電はというと現在は1%に過ぎません。

現在の風力発電の発電量は300万KWで、そのうち洋上風力は2万KWですが、2030年には風力発電は2000万kW(陸上700万kW、洋上1300万kW)に業界団体の目標が検討されています。

10年で7倍という目標ですね。

2030年には人口減少の影響もあって全体の電力需要が減るので、風力発電で全体の10%近い発電力を持つ可能性があります。

これは業界団体の出している数字でかなりポジティブな数字だと思いますので、ここまで良い結果にはならないでしょうが、自前で安く発電できる可能性があるのは良いことですね。

太陽光発電と今後の発電事情はどうなる?

自宅のソーラーパネルで発電した電力を国が買い取る制度は終了します。

経済産業省は、太陽光や風力でつくった電気を、電力会社が決められた価格で買い取る「固定価格買い取り制度(FIT)」を終了する検討に入った。太陽光など再生可能エネルギーの発電コストが年々安くなる一方、FITによる買い取り費用の一部は電気料金に転嫁され、国民負担が増している。
中略
経産省はFITの終了後、市場での電気の価格が下落。その差額を穴埋めして再生エネ事業者の経営を支える方式を検討している。読売新聞2019,6,13

というわけで一戸建てで家にソーラーパネルが付いている世帯と、ソーラーパネル関連メーカーが潤い、負担を他の国民が払うといういびつなシステムは終了。

「原子力から太陽光へ」が震災後に叫ばれました。

結果は、原子力発電が賄っていた日本の30%の電力のうち、太陽光が4%穴埋めに成功。

残りの26%はは原発再稼働と火力発電で埋めているのが現状です。

太陽光パネルも安くなってきたので、電気代を安くしたり、災害用の非常電源として使いたい事業者が太陽光発電を導入することは続いていくでしょう。

発電所に依存しない電力分散化として太陽光発電は今後も価値はあると思いますが、発電力はカバーできなかったわけですね。

一方で原子力にも戻れない、石油に依存しすぎるのも問題なので、洋上発電を推進していく方針で政府は進めています。

また、石油に依存する問題はほとんどを中東から輸入していることなので、ロシアからの輸入を増やす目的で北方領土問題の解決を急いでいますが・・・。(望み薄かも)

というわけで海外の事情に左右されず、伸びしろがあるのが洋上風力

風力発電は10年後に全体の5%(現在1%)ぐらいが限度だと個人的には感じますが、海上利用にかかわる法的にめんどくさい問題を解決してでも、やれることはやるという経産省の姿勢は良いと思います。

ネットの声

ドイツも北海の洋上風力発電を持ってるんですけど、南北送電問題ってあって、発電した電力を南側に送る方法がない。天然ガスはパイプラインが国内を通っていて、送り放題。結局、火力発電所だけで全部賄う、ことに…?

漁業権と言う、訳の判らない権利が存在し、かつては理解ある漁協が管理している港以外、言語道断で全ての港は全く使えなかった。
そう言うと怒られるが、不漁のお陰で漁業権も何もあったものでない
それで洋上(湾内)風力も可能になりつつある。

いわき市の沖では、浮体式洋上風力発電の試験運用が行われているんですよ!これが成功し、広まっていけば、海で囲まれた日本が、エネルギー輸出国になる日も夢ではないかもしれません!まさに、「ふくしまからはじめよう」の一例ですよ!

おすすめの記事