“一般人”の木下優樹菜が写真集を出した!ヌードと言いながらそこまで脱いでない!?

木下優樹菜《裸一貫の私》写真集、出版関係者が明かす「そこまで脱いでいない」

《“34歳 裸一貫の私”を見せたい》

こうインタビューに答えるのは、3月17日に写真集が発売される木下優樹菜。

写真集の公式ページにも、「裸一貫」という言葉とともに、“手ブラ”ポーズでアンニュイな表情をする木下の写真が並びます。

やっぱり脱いだ

さらには別のインタビューでは《(彼氏から)見た時は「え、すんごいじゃん」って。》と言われたとも。

彼とは、おそらくJリーガーの恋人・三幸秀稔選手のことでしょう。

これらを受けて、ネット上では《やっぱり脱いだか》という声が多いのですが……。

木下が“裸一貫”にならざるをえなくなったきっかけは、2019年に起きたあの騒動。

「実姉が勤めていたタピオカドリンク店の店長に対して、恫喝するようなメッセージを送っていたことが発覚。芸能活動を自粛することに」(スポーツ紙記者、以下同)

「実は脱いでいない説」が浮上

2020年7月1日にいったんは活動再開するも、そのわずか5日後に芸能界引退が発表されました。

2021年10月、ようやくタピオカドリンク店との裁判は、東京地裁が木下に40万円の支払いを命じて決着します。

「木下さんはその直後に開設した自身のYouTubeチャンネルで涙ながらに謝罪。芸能活動を再開させる意向も示しました」

しかし、一向に再開するような動きがない中、突如発表された写真集の発売。

この流れで“裸一貫”となれば、がっつり脱いでいる!?

「実はそこまで脱いでないんじゃないかという話もあります」(ワイドショースタッフ)

出版関係者もこう続ける。

「私が知る限り、この写真集ではそこまで脱いでいませんよ。セクシーな下着とか水着はありますが」

そもそも、“裸一貫”= 脱いでいる、といえるのでしょうか。

https://twitter.com/renchi_empire/status/1501568269580333057

木下の取り分は400万円

「木下さんは写真集の情報解禁時に“一般人として初めて写真集を出す”というコメントを出すなど、自分がもう芸能人ではないことを強調していました。そこから考えると、彼女のいう『裸一貫の私』とは、芸能界を引退して“真っさら”になった私を見てほしいという意味なのかもしれません」(前出・スポーツ紙記者)

ちなみに、写真集は、税込みで2750円。話題のわりに数字はイマイチのようで、

「発行部数は1万6000部ですが、発売前重版はかかっていません。木下さんの取り分ですが、印税が10%だとすると、400万円といったところでしょう」(書店関係者)

今回の写真集はお金のためだけというわけではないとなると……。

とはいえ、購入して中を見るまではわからない。

芸能界を引退した木下優樹菜さんが、一般人として初の写真集を出版!
沢渡朔氏と橋本憲和氏の2人のカメラマンが彼女を撮影。
髪の色も変えて挑んだそれぞれの写真は、"大人な姿"と"ファッショナブルな姿"というふうに、まったく異なる雰囲気となった。

ネットの声

「他の記事にもあったのを見ましたが、大手家電量販店にカメラを買いに行くシーンを使おうとして、店側から却下されたとか?イメージダウンするからというので、とか。この方にはそれが答えだということを理解されたほうが良いのではと思います。一般人という前にやってきた言動からもういい印象は消えてしまった、YouTubeで何がしたいのか、ではなくというより今自分で何をするべきなのかをよく考えられたほうが良いのではないかと思います。ブレてる?それも違う意味でブレてるのではないのでしょうか。」

「良くも悪くも著名であることは使い道ややり方にもよるが生きる糧として役に立つのかもね。芸能人では無いからといって他から制約を課されることは無いだろうから好きにすれば良いのかも。しかし、元芸能人として仕事をしていた道義的責任は消えるわけではないから話題にされるのは仕方のないことか。」

「有名人だから、どこに行っても指差される。そもそも、自分のそのものがお金になるのに、一生懸命働くなんて選択肢はないでしょうね。その生き方ができるけど、その生き方しかできない。若さが失われる前に自分を利用して金になる何かを探さないといけない。しかし私みたいなサラリーマンよりは大金を掴む可能性がある。」

おすすめの記事